2015/04/25

 奥長尾とテフテフ谷

 

4月25日() 体調、またレペル下がったけど、行きたいんで行きました。

どこへ行こうか・・・と、木曜辺りから悩んでましたけど、吉田川の奥長尾谷っちゅ〜のに行って、午後からまたテフテフ谷へ花を探しに行こう。ということにしました。

なんで奥長尾なん?

過去に、ず〜と過去に1度だけ行ったことあると思う。アルツ石川と吉田川をやって、釣れなくて、入ったんだったけ?アルツ石川は自分の器量もわきまえず(笑)、でっかい魚がええ。でっかい魚は本流だろ?とか言って、当時は吉田川によく連れられていったモンです。天下の吉田川のアマゴなんてそれも尺近いのなんて釣れるわけね〜だろが・・・ で結局釣れないんで、そこらの谷に入るんだけど、そうすると、魚が小さいからイヤだ。とか、ぬかしていた石川君は今どーしているかというと、毛針が見えないらからルアーに転向するとか一昨年に言い出して、上飯田でルアーロッドとリールとミノーとか買って、保管してあるらしい。でも、それから一度も行っていないらしい。みかねた事務局長が今年、どこかへ連れて行ってあげようと、しているところです。

話はそれたけど、地図見てて、奥長尾が目について、あれ以来行っていないし、過去、入渓したところは部落の外れあたりをほんの少しの区間やっただけだもんな。よし、奥長尾探検だ!って事です。

今回、体調あんまり良くないけど、何故か7時半に出発。せせらぎ街道に入ります。寒水越えて気良越えて・・・遠いなぁ〜・・・。吉田川を見ると、けっこう水あるじゃない?冷たそうな水がたっぷりだわ。

やっと到着。晴天です。風か強いわ。部落を過ぎて奥へ。林道から見る奥長尾谷はまーいい感じ。でも釣り人の車が駐まっていた。なんかとっても気合いが入っている感じの車だった。という事は奥へ行ってもダメだよね。それに林道から見てても結構な水量だわ。この前の長雨で地下水位が高いんだよな。冷たい湧き水が沢山入っているだろうね。

で、戻って部落の終わり辺りから入ることに。もっと下から入ろうかと思ったけど、イノシシかシカ除けのフェンスが張りめくらされていて、谷に降りられないわ。橋から入ったけど、ここはたぶん当時、アルツ石川と入ったとこだよな。 こんな感じ。

水、多いわ。冷たいわ。風が邪魔するわ。あっドライフライっす。小さいのが出たけど釣れなかったです。とりあえずアマゴだな。まっ反応が無いよりはいっか! 

しばらく反応無くて・・・

あかん?

とか思っていると・・? バチャって出る。

また掛からなかった。まっチビアマゴだし、まっいっか。

ってのを2.3回やって・・・

いい感じの深瀬。左にネコヤナギ。何度か流して、やっと出やぁがった。タイミング的にはいいと思うが、ヒットせず。んでもって、たぶん20p以上はあったと思う。

落胆・・・。

気を取り直して、先へ。また出た。けど、今度はしっかり見た。食っていないわ。寸前で止めて反転しているみたい。だから飛沫は派手に上がるんだろう。

水面より水中の方がいいのか?と思ったりして、ウエットにチェンジ。仕掛けを作り直して、ふと見たら、ワサビが生えていた。昨日、タルちゃんから、「どこかワサビの谷は無いですか?」とメールをもらったんだよね。ここに生えているとは知らなんだわ。ちょっとちぎって食べてみたら、堅くもなくていい感じだったので、ちょこっとだけ、いただきました。(自宅に戻って、醤油漬けにしました)

 

 

民家が無くなって林道になる辺り。こんな感じ。も少し奥へ行くと、寒水とか牛道の奥のような感じだったけど、しっかり奥へ行っていないんでわかりません。林道も普通車で行けるのかどうかもわかりません。

なんかこの谷、川底に白い石がある。牛道とか寒水とかと、ちょっと石が違うな。奥には石灰岩があるのか?地質が違うと、山野草が違うから、もっと奥へ行ってみたいわ。とか思うのでした。

そうそう、ウエットにしたけど、1匹、小さいのが見に来ただけ。効果無し。そういえばハッチも無いし、鳥も鳴いていないなぁ・・・ 晴天なれど活性低し。餌釣りだと釣れるのかもしれんけど・・・

時々、ハズカシ・タイプEを入れたりするけど、反応無し。

それより、11時過ぎたあたりから、お腹が痛くなった。釣れんから未練なく出渓。車に戻って、磨墨の里へ行ってトイレに駆け込んだ。3月くらいからあちこち調子悪いけど、昨夜から胃腸が・・・ねぇ・・・。

さて、奥長尾は終了してテフテフ谷へ移動しようか・・・と思ったけど、せっかく来たからもう少しやってみようと、今度は民家がある下の方へ。先ほども書いたけど、イノシシ除けのフェンスがあるから適当に谷に降りられない。フェンスが切れているお寺の前から入渓。もっと下からやってみたかったけど・・・

12時のチャイムが鳴って、やっと釣れた。13pくらいのチビちゃん。うれしいわ。その先でもまた釣れた。また13p。まっ、うれしいわ。その先の先でまた釣れた。13p。まぁ・・・うれしいけど・・・ う〜ん。

15pはいないのか?

と言ったら15pくらいのが釣れた。 とりあえず奥長尾のアマゴって事でモデルになってもらいやした。ヤマメのような感じのアマゴだわ。朱点がほとんど見えないわ。

 

ほっとして、あちこち見たらハルリンドウが咲いていたんで、一枚頂きました。  フタバアオイもハルトラノオも咲いてた。ヤマエンゴサクも咲いてた。ニリンソウもあちこち咲いてた。春だわ〜。

 

よし、水温も上がって、ハッチも出てきて、活性も上がって、これから釣れるんだわ〜。

って思ったけど、その後はさっぱり。たまに13p。朝に入渓した橋まで来たんで、もう終わり。とりあえず釣れた?からまっいっか!

時刻は1時半過ぎてました。あんまりお腹は減っていないけど・・・ とりあえず、奥長尾は本日終了。

 

テフテフ谷へ移動します。テフテフ谷到着は14時過ぎてた。途中、地元の方と思われる軽トラックが止まっていて、その先に餌釣りさんが釣ってた。橋の広場まで行ったけど、ここには誰もいなかったのでラッキー。カップ麺持ってきたんで、(今回はコンロ持ってきたモンね)お湯沸かして食べて、お茶飲んで、まったり。そのあたりを散策。去年あったケマルバスミレは咲いていたんでホッとしました。

橋から入渓。引き続きドライフライです。やっぱりここでも13p。でも4匹釣れた。やっとこせ17pくらいのが釣れたんで、うれしい〜ス。  なんか下アゴがしゃくれていて、アイ〜ンのアマゴだわ。

ちょっといい感じじゃないの?ひっとするとハズカシ・タイプEでも釣れるんじゃないの?って投入しますけど、ダメだわ。1匹2匹、反応するのはいたけど・・・。それよりか、ちょっと耐久性がないのが問題だわ。まっコレはしっかり作ればいいんで、また考えよう。ひっさしぶりにハズカC45を投入。やっぱりいい感じ。でも何も来なかったけど・・・

右岸の山側をチラチラ見ながら、おめあての花を探すけど、ありません。というか、けっこう倒木がひどいわ。昨年大雨で結構、荒れたんだなぁ・・・。他の花も見かけないし、見たとしても数も少ない。ダメージ受けてるテフテフ谷なんだなぁ〜

 

午後4時。とある淵。西日が流れ込みの若葉を照らし淵一面が黄緑色に染まってた。きれいだわ。PENTAX Q7のホワイトバランスにはCTEってのがあって、詳しいことはよ〜わからんけど、要するに、その場面で、一番多い光の色を、もっと出すというか、ドラマチックにするというのがあって、よく、夕焼けとかで使われるらしいけど、今回、それを使って撮ってみた〜。  もっときれいだったけど・・・な。

 

上の橋も越えて、先週見たスミレを探したしたけど、もう全部終わってた。

午後5時。前回、ここでハズカシ・タイプEにちょっかい出してくれた黒いお魚がいたけど、本日は、営業時間を過ぎたようで誰も相手にしてくれなかったわ〜。

やれやれ、本日終了ッス。

結構歩いたので、疲れたよ。

近いうちに奥長尾の源流を探検したいわ。テフテフ谷は、花が終わったし、今年はあまり無かったので、今回で終了かな?

今回も前回に引き続いて長文になりました。ヒマだったもんで・・・ 最後までお読みくださってご苦労様でした。