2015/05/02

 古道川

 

5月2日() とりあえずGWです。で、5月2日行きました。156号を北上します。今日は、どこへ行くとも、まだ決めておりません。こうして走りながらも、まだ決まってません。もうテフテフ谷は事務局長さん的には前回で終了したんで頭に無いし、奥長尾とも思ったけど、なんか、こう、なんちゅうか、あんまり燃えないだよなぁ。釣りたい気持ち半分くらい。GW前にちょっと仕事が忙しかったのでまたパワーダウンしてしまったようです。

どこへ行こうか・・・と思いながら八幡を通過。高速は渋滞しているらしい。あちこち釣り人だらけだろうしなぁ・・・ 

栗巣川が見えたんで、古道川へ行くことにしました。古道は奥の方しか最近はやったことがないんで、流程から言えば中間のちょっと上あたりから入ってみる事にしました。

最近、釣りに行くのが里川が多いんで、そんな感じ。っよ〜わからんけど・・・アマゴが釣りたいし。

適当に降りたところは、こんな感じ。

先行者無し。たぶん・・・

クモの巣、あちこちにあって難儀。それに川岸のネコヤナギが綿毛を飛ばしていて、なんかうっとおしい。

田起こし、苗代でちょっと薄く濁ってる感じ。天気もいいし、ハッチもチラホラ見るし、水量も適度で、まぁ釣れるでしょ。と、楽観的。すぐに釣れたのは、クソンボ(アブラハヤ)でした。まぁ、里川だし、アブラハヤが釣れても不思議じゃないな。ムツよりいいとは思うけど。

が・・・

それから全然釣れない。出もしない。アブラハヤも出ない。

ところどころ大場所も出てくるんで遡行が難儀。クモの巣はいっぱいだし・・・。右岸の放置竹藪から出てくる、枯れた竹が覆い被さっているところが、わりと多くて難儀。入渓したところは里川〜って感じだけど、岩盤帯があったり、大石ゴロゴロのところがあったりして変化に富んでいるけどねぇ。もうちっょと楽かと思ったとげ甘かったわ。

それでもなんとか1匹、アマゴが釣れました。↓ 15cmちょいあるかな? 例のごとくオイラが釣るのはチビです。バーマークというかヒョウ柄?大阪のおぱちゃんみたいなアマゴ。

大場所では、ハズカシフライも試したけど、効果無しでした。活性低いのか? 活性が低い要因が見あたらんけど、まぁ、なんかあるんでしょうか。こっちにはわからんナニかが。

出渓したいけど、適当なところが見つからないので、橋まで来て、ようやく脱出。ちょうど12時だった。

う〜ん、のどかな風景だなぁ・・・ これで20pくらいのアマゴが、4.5匹釣れれば、いい川だ!ってなるところだけどなぁ〜。

 

とりあえず車に戻って、さあどうしよう・・・ 

源流に行って、お昼にしよう。

暖かいを越えて暑いわ〜。

お昼ご飯食べてから、ちょと源流をやってみました。なんかこう、谷の幅が広くなった?淵の大きさもちょいと大きくなった?みたいな・・・。去年、大水が出て、牛道やらでは未だに災害復旧工事とかやっているらしいんで、この谷も荒れたみたいだ。

ほどなくして釣れたのは、チビアマゴ↓ まだサビ?ている?

 

このアマゴの尾はボロボロでした。放流魚とは思えないんで、産卵に参加して産卵床を掘った?大水で土石流みたいなのが出て、こうなった?とか・・・ いずれにしても自然にこうなったと思う。例の尾びれカットじゃなくて、よかったわ。

あと同じくらいのイワナを2.3匹釣った。途中からウエットにしてみたら、リードフライしか釣れなかった。魚の活性は低いと思ったよ。

あんまり見込み無いようなんで、もう終了。時計を見たら午後2時半でした。