2015/05/05

 掛け軸さんと鷲見へ

 

5月5日() 今回は掛け軸さんと一緒に釣りました。

9時チョイ過ぎに掛け軸さんの工房におじゃましました。アポ無しです。毎度のことです。掛け軸さんの新チョビ見ました。さらに新チョビは、新々チョビになっていました。

コーヒーを頂いて、最近の体調不良について語りましたが、その割には、よく釣りに行っているね。とかコメントいただきまして、それとコレとは別なの・・・。仕事は休むけど釣りは行くの!これはリハビリなんだからね!そうなんです、リハビリなんです。

で・・・

ホームリバーである鷲見川へ行くことにしました。

さすがにGWなので、あちこちに釣り人らしき車が駐まっています。源流まで行ってしまいました。↓

ここで、GWにこんなに雪が残っているなんてのは、初めてじゃないか?というほど雪が残っているのにはビックリしました。昨日、シトシトと雨が降って、気温も低下して今日は暖かくなるようですが、午前10時半では寒いです。掛け軸さんもレインジャケットを着ていますね。事務局長はトレーナーを一枚持ってきました。どうしようかな?いらないかな?と思ってたけど正解でした。水も雪解け水と昨日の雨でちょっと増えたようです。冷たいです。シューズの中のつま先が冷えてきます。

谷はまだやっと冬から目覚めた・・・という感じで、若葉もまだまだ茂っておらず、とても明るい谷です。

掛け軸さんは新々チョビで・・・事務局長はドライで釣り始めます。

全く反応ありません。

2つめのカーブを回ったところで、ドライの事務局長に1匹、イワナがヒットしました。15pあるか?という黒いイワナでした。ドライでつれるじゃん!反応するじゃん。んだったら、事務局長もハズカシ・タイプEに交換します。しかし、その後はさっぱり。掛け軸さんの新々チョビにも反応が無い。

おかしいなぁ・・・ またドライに戻したりしたけど、あれっきり・・・。んじゃ、ウエットにしましょ。リードフライは#10のブループロフェッサ。ハックル、ウイングは少なめの沈めるつもりで巻いたヤツ。ドロッパーはクックロビンの#12。で釣れたのが アマゴでした。リードフライにからんできて、その後ヒットしたけど、スレでした。

でもコイツの尾がボロいのよ。これはテールカットされたとは思えないけど・・・ こいつは産卵やって川底を掘ったんでこうなったのか?

余談だけど、自宅に帰って過去10数年に釣った魚の尾を調べてみたら、こういうのもいるね。アマゴだけでなくてイワナでもぼろい尾をしたのが写ってる。やはり春先、初夏の頃に釣った魚で、谷の魚だね。ちょっと大きい川ではこういったのはあまり釣っていないみたい。で、釣り日記見ると、以前に大雨で谷が変わるほどの事があった翌年に釣れているみたいな気がする。

谷が変わるほどの大水だときっと生息している魚にも影響が出て個体数が減ったりしたのかも。で、種の存続のために、生き残った魚の多くが産卵行動をする?で、翌年釣れる魚の尾がぼろい?とか・・・

谷が安定していると、この時期、新子がよく脇の水たまりで泳いでいるのを見かけるけど、見ていないなぁ・・・ 谷が荒れてしまうと、ちょっとの水で濁流になるから、せっかく生んだ卵もあんまり生き残らない?とか? なにはともあれ、頑張って欲しいわ。と思いつつ、だったら魚をいじめるな!という矛盾を抱えての釣りという趣味ですがな。

このあと、同じくらいのアマゴを2つ釣ったけど、それらの尾はボロくなかったんで、あいつらはオスだった?のかも・・・

話戻して、いずれもリードフライでした。普通はドロッパーの方が圧倒的にヒットするんだけどな。

掛け軸さんはというと、ずーと新々チョビを使い続けています。新々チョビ、これはいいです。今までのチョピの中で抜群です。ほれぼれします。完成型です。

11時半頃になると暖かくなってきたからか時合いなのか、新々チョビにもアタックも出てきて、バラしたり・・・ 事務局長はそのままウエットで。出渓場所の堰堤の手前でイワナ釣れました。やはり、リードフライでした。

掛け軸さんは堰堤下でヒット・・・しかしバレた・・・

うーん23pくらいはあったかも・・・ 残念! ん、でも新々チョビすごいわ。

お昼過ぎたのでここで前半終了。車に戻って昼食です。本日は暖かくなると思って、ラーメンではなくて日清焼きそばUFO。それもカップで作った後、プライパンで炒めて食べた。さらにおいしい。でも、ちと寒かったのでカップ麺の方がよかったと思ったりして・・・

今年もマイマイガが出るのかなぁ・・・ と言ったら、すでに工房の横の木には黒いマイマイガの毛虫が出てますよ。って掛け軸さん。今年も毛虫に悩まされるのか・・・とため息です。

 

後半戦は、源流を下っていわゆる鷲見の奥ってところ。朝に入りたかったけど、釣り人の車があったところ。新々チョビがなかなかグッドなので、事務局長も負けじと、ハズカシ・タイプEを投入しますが、反応有りません。ドライ、ウエットもやりますが反応有りません。底の石が泥を被ってます。上流では川をいじってましたから、平日は濁りが入るんでしょうな。あんまり魚もいないのかも・・・。

ちょっと前にタルカスさんからメールで、「ワサビが生えてる谷を知りませんか?」って、この鷲見の奥にはワサビの生えているところがあるから、見てきましょう。と朝メールしたんで、その調査もある。その谷にたどり着いて見に行くと・・・。ワサビが生えていた斜面は、大雨でズル剥けになっていて、無くなっていました。残念無念。釣りも思わしくなくて、萎えて嫌になった頃、終了場所の堰堤が見えたんでヤレヤレ。釣れないのでズンズン行くから意外に早く到達してしまいました。いい意味でも悪い意味でも、堰堤ってのは魚止めですな。その堰堤下のたまりでライズ発見。2度もライズしました。ウエットを止めてドライにします。ライズを見てからだと焦ります。指先がまどろっこしい。なかなかティペットの交換やフライのセットが出来ない。アセアセ。これでよく、シラメやら本流のライズとかやっていたなぁ・・・ とか思うけど、あの頃は、わしゃ若かったんじゃよ。シニアグラスなんていらんかったし・・・。

やっとこせセット完了。それなりのドライフライを装着〜。アムロ、行きます!カタパルト発進〜。着水!

うーん、もう少し上に着水しないかんかったな・・・。でもほぼ止水に近いからまっいっか。ヨタヨタと浮かぶアムロ。出ないか?????????? 

バシャ! おおー出た。ヒット〜!バシャバシャ。

はずれた・・・

ガッカリ。やっちまった・・・ 20pはあったな。

オレも歳をとったもんだ・・・ と遠くを眺める・・・ わけなくて、くそー。もう出ないよな。だったら、あっち側だわー。と連射。そしたら出た。↓

20pくらい。よく引いたわ。

えっへん。(ってライズ失敗しておいてナンだけど・・・)

ドヤ顔でギャラリーしていた掛け軸さんの方を見たら、なんか彼のバンブーが曲がってますがなぁ・・・  ヒットしてますがな!新々チョビ初仕事〜。このアマゴよりもさらにグッドなイワナだった。

なんか・・・ アマゴが色あせたわ。そのせいか、今まで春の日差しの中、明るく撮っていたのが、画面がなんか暗いわ・・・イブニングでもないのに・・・ そんでもってなんか寂しそうに見える・・・

くやし〜。

ここで終わりなので、斜面を登って林道に出て、スタコラと戻ります。足が重いわ・・・

「あたしゃ、これで帰ります」

「いい気分で終了です。明日もあるし・・・」

「くそー、もっと釣るもんね! 絶対釣るもんね。今度のHPの更新を楽しみにしとってちょー」

と、事務局長は単独、さらに下って、薬師堂あたりから入川予定するつもりだったけど、どうも釣り人のような車が駐まっていたし、餌釣りさんが、釣りを終えて道路を歩いていた。そのビニール袋の中には、おっきな魚が入ってたのを通りすがりに見たんで・・・ ダメじゃん・・・

さらに下って、和助の前から突入。新々チョビで釣られたから、ハズカシ・タイプEで頑張るけど、全然反応無し。なんでだ? ちょっと浮気してドライにしてみよう。

すると3匹釣れた。15pから18pくらいのアマゴ2匹とイワナ。くどいけど尾ヒレはきれいだった。

ならウエットにしてみよう。

ウエットにするけどダメ。ゆっくりとウエットフライを追うのが2、3回見えた。やる気無いのか?

時刻はもう午後4時を過ぎている。ウエットにはいい時間になっていくと思うけどな。ハッチもちょこっとはあるけど、まぁ、ストーンだけど・・・。

もう一回ドライにすると、1匹釣れた。チビだけど・・・。

いい魚は沈んでいる。と思う。どういうわけかわからんが、今日はそういう事みたい。最後にもう一度ハズカシ・タイプE。ウエイトをかまして、ぶち込んで、しばらく待ってからリトリーブ。すると石の下から出てくる。たぶん25センチ級。でも、イマイチ来ない。タイプEちょっと地味だな。5時過ぎまでねばったけど、釣れなかった。新々チョビに比べると地味だわ・・・ もう少しなんとかしたいけど思いつかないわ。

完敗だわ・・・

新々チョビ、あんたはすごい。