2015/06/06

なんちゃってカルパッチョと冷麺

 

6月6日() 先週の釣行記で、掛け軸さんに、「次回はカツオのタタキ・カルパッチョ風をご馳走します」という約束をして去っていった事務局長。その約束を果たすべく、カツオを持って出陣〜

いつもはアポ無しだけど、今回は事前に「明日はカツオだよ」っとメールしました。

前日、雨が降ったので長良川は水位が回復してましたけど、ちょっと濁ってます。明日の日曜から待望の「アユ解禁」なんで、前日から乗り込んで、前夜祭をして祝おうっていうお方がアチコチに見られました。なんとな〜く、長良川と、その流域がソワソワしてます。

9時ちょい過ぎに工房へ到着。

工房横の柿の木とビワの木のマイマイガは先週の2倍ほどに成長してます。巨体になっているのもいて、去年の恐怖が思い出されますが、掛け軸さんいわく、去年の半分くらい・・・かな?らしいです。去年はもうこの時期で、ビワの木は丸裸になっていたそうで・・・。

コーヒーをご馳走になりながら、本日の釣行先を・・・

「今日は田茂谷へ連れて行ってくだされ〜」

田茂谷やその向こうの林谷など九頭竜ダムあたりの谷は、掛け軸さんの受け持ちなんで、よく知っておられますんで・・・ 掛け軸さんに先に行ってもらい、事務局長は、めだか釣り具で奥越漁協の券を買ってから追いかけまして、田茂谷の入り口で合流し、林道を奥へ。

スリッド式堰堤のところから入渓します。ガイドの掛け軸さんにいわせると、「ちょっと水が多いかな?」

掛け軸さんは、例のフライ=ハズカシフライのチョビ助。事務局長は、ドライフライで・・・ 朝に雨が上がってちょっと冬型?っていう感じの気圧配置で、風が強くてチト寒い。ウインドブレーカーを着込んで実釣開始です。

スリッド式堰堤の下で1匹。↑ 17pくらいかな?北陸のイワナって感じ。ドライフライは楽しいわ〜

スリッド堰堤を越えると大岩ゴロゴロのところとか岩盤があるところが多くて、わりと深いポイントが続きます。なおかつ少し増水しているんで、遡行が大変。上空は開いているでキャストには支障ないけど、川岸のネコヤナギが・・・ マイマイガ毛虫が・・・ でも、今年は、いるにはいるけど、去年のように、ドバーと目に入ってくるほどじゃぁないね。探せばいるけど、探さなくても嫌でも何十匹っていう感じではないです。

時間が経つにつれて気温も上昇してきて、ウインドブレーカーが暑いなぁ・・・と思い始める頃には、あちこちからドライにイワナが出るようになって、重ねてドライフライの釣りは楽しいわ〜。まぁ、17pから20pくらいのイワナですけど、飽きないほどに出てくれてます。でもサイズが・・・ひょっとしてウエットにしたらもっと大きいのが釣れる?かも? ってウエットに。ピーコック・クイーンとロイヤル・コーチマン。いずれも8番。ちょっとリードを長くして沈めるつもり。でも、全然釣れなかったわ〜。ウエットへたくそになったかも。投げにくいし、ネコヤナギが難儀だから、すぐにドライに戻したよ。

掛け軸さんのチョビちゃんはというと、やはり入渓時は活性が低かったのか、反応は無しだったけど、そのうち出てくるようになって時々からんでくるようになったけど、ヒットには至らず・・・。

先週、寒水やらで、尺上イワナを筆頭に何匹も釣れたチョビちゃんと改良型ツチノコ君。でも今日は・・・だね。楽しそうにする事務局長を横目で見ながら、黙々とチョビちゃんとツチノコ君で、それみた事か!どーだ、この尺イワナを見よ!っていうシーンを夢見ながら進む掛け軸さん。時々、「ドライって楽しいよ」っていう悪魔のささやきにも耳を貸さず、純愛を貫き通すお姿はご立派です。

明るい田茂谷。 タニウツギがきれいです。

 

ドライ向きの淵がありました。とりあえず事務局長がパラシュートをキャスト。2.3回流したら、派手に出たけど、ヒットせず・・・。フライをもう少し小さいのに交換して、いざ! 先ほど出たところを過ぎてもうすぐ浅くなるところくらいで出た!出ると思っていなかったんでちょっとビックリしたけど、なんとかハリ掛かりしてキャッチできました。 7寸くらいかな? よく引きました。砂地ではモンカゲロウが出てましたけど、モンカゲを食べているとは思えないわ。フライマンってモンカゲに特別な思いがあるように思うけど、モンカゲのライズに遭遇したことはないな?いや、一度だけあるか? そのくらいだわ。

さて・・・

ドライも飽きてきたんで、事務局長もハズカシ・フライにチェンジ。量産型ハズカC45です。すぐに釣れました〜。20pくらいかな?わっはは!

そのあともまた釣れました。17pくらいかな?わっはは! いや〜ハズカシ・フライって楽しいわ。

で、今度はハズカシ・タイプFにしました。釣れました。小さいです。わっはは!

また釣れました。さらに小さいです。わっはは! 

ハズカシ・タイプF、もう少し全長を長くした方がいいな。それで量産しよう。

 

林道の橋が見えてきて、終了です。脱渓は13時30分くらいでした。けっこう長く釣ってたなぁ。道理で腹も減ったし喉も渇いたわ。

 

車まで戻って、本日の主役。カツオのタタキ なんちゃってカルパッチョ?です。右上にあるのが事務局長さん特性のタレというかドレッシングです。ぶっかけて食べます。

うまい!ッス。ビールをゴクゴク。プハー。しあわせです。

 

お次は、韓国冷麺です。↓ 好きです。

ツルツル、シコシコ、モグモグ・・・・うめ〜です。

 

昼食後に連れて行ってもらう行く谷をリクエストし、その谷の話をしながら一服し、15時ちょっと前に出発。

ほどなくしてその谷に到着。掛け軸さんはこの谷は昔々にちょっと入った事があるそうです。でもそのあと行っていないんでどうなっているのか分からないらしいです。

入渓して少し行ったら左岸が土砂崩れで谷が埋まっていて、高巻くことに・・・ その上に行ったら、滝がありました。下のヒラキで、ドライで釣れたけど、キャッチするときに外れてしまいました。滝は右からへつっていけると思ったけど、意外に足場が無くて巻くことに・・・ これも結構しんどかった。

 

滝の上は谷も小さくなって、まぁこんな感じ ここらは釣りやすいけど、奥に進めば樹木のトンネルってところがほとんどです。時々、釣れそうなポイントがあって、小さいイワナが釣れる。1つ良型(この谷のにしては)が釣れて、写真を撮ろうと思ったけど、ネットから跳ねてサヨナラ・・・記念に撮したかった。

掛け軸さんは終日、チョビやツチノコを使って意地を通し、こんな小さな谷でもちゃんとキャストしてちゃんと釣るのは立派だわ。感心しました。

前述したように掛け軸さんも奥へ入ったことはない谷で、入渓地点には林道があったけど、それが、ずーと谷に沿って伸びているとも限らない。向こうの山へ伸びているとすると、この谷は途中から林道がないんで、帰ってくるときは、つらい・・・。アヒル倶楽部さんは、楽な谷しか無理なんです。

時々、林道があるであろう山側を見ては進んでいくけど、林道が見えない。たぶん林道があるであろうとは思うけど、確信がない。時刻も4時を過ぎているんで、そろそろ帰りのことも考えなくてはならんし、谷も小さくなってきたんで、ここらで終了としましょうか?そうしましょうか・・・

とりあえず林道がある側の山を少し登って、なにか杣道とか昔の通い道とかが無いか?と探すけど、無いです。炭焼き釜の跡とかあれば、だいたい杣道とかが来ていることが多いから、楽なんだけどね。

しばらく進んだら炭焼き釜の跡があって、先行していた掛け軸さんが、「林道が見えた」って言ったから、やれやれ。また、あの滝を巻いたり、崩壊場所を巻いたりするのは辛かったけど、これで開放されたわ。

林道に出て、ちょっと林道を登ってみたら、やっぱり林道は違う山へと伸びていて、ここがこの谷の林道の最終地点だったのね。でもその林道のカーブのところからなんか谷へ入る道があるような感じがしてたから、通い道はあるんじゃないかな? バイオ・ブドウムシの空箱とか落ちてたし・・・

林道で楽に帰れると思ったら、その先、林道の斜面も崩落していて、ガレガレを越えるのにビビリましたけど、そこを越えたらあとは車まで楽に帰れました。

でも、まぁ・・・ もう来ないでしょうな・・・

 

さて、なぜ、この谷を事務局長がリクエストしたのか?っていうのは・・・  ahiru_de_photo この日のお写真

で、どーぞ。