2015/08/01

さあ、大変だわ〜

 

8月1日( 暑い! 毎年だけど、暑い! んでもって、会社の現場はさらに暑い!各種機械のモーターからの熱でさらに加熱されて、外に出ると、「涼しいがや!」っていうほどです。毎日ヘトヘトです。釣りに行く元気もないけど、山は涼しいだろう・・・と思います。せせらぎの音と木漏れ日の中、さわやかな風か吹き抜けて、小鳥がさえずって・・・ あ〜すてきだ。

でも早くに起きれなかった・・・ 経費節減ですけど、体力温存のために高速使いました。高速って楽チンです。暑さから逃れるための釣行なんで、源流へ・・・標高上げなくては暑いですから・・・

覚悟はしていたけど、渇水ですわ。さっさと支度して、ドライを結んで釣り上がります。

あまり出ません・・・

それと、とてもスローです。長いこと浮かべていると、ゆっくりと浮上。そんでもってゆっくりと咥えます。パシャッと飛沫が上がることはありません。スーとフライが消えます。で・・・合わせます。スポッと抜けます。感触もない感じ。

やる気無いんか? 眠いんか?

で、フライが消えてから間をおいて合わせると、やっとこせ掛かります。こんなんが大半です。流れのあるところにいるイワナは、普通でいいんだけど、小さいです。どんよりとしたところはそれより大きいイワナだけど(それでも20pあるかないかっていうサイズ)、そいつらは、スローです。こんなサイズでも↓、眠い感じで出ます。

間をおいて合わせる。ってのは慣れないので難しいですな。フライを見てて、このあたりかな?と思ったらわざとよそ見をする。そして再度見るとフライが消えている→合わせる→ヒットする。アヒル倶楽部のかつての名誉会長のダック鈴木の秘技である、よそ見・地蔵釣りです。半分ウソです。

この源流域、今年も何回か来ているけど、去年より魚が少ないな。サイズも小さいし・・・やっぱり去年は、マイマイ毛虫がいっぱいだったから、富栄養化してたのかしら・・・?

あっ、とりあえず、ハズカシフライもやりました。何度か当たったけど、ヒットしませんでした。タイプS(まぁ、Sということにしよう)がいい感じでした。

難儀なクモの巣だけど、ちゃんとポイントの上は無くなっているから、よく入られているだろう。砂地にも、早朝?っていう足跡があったし・・・ まっ、しょーがないね。

 

時々、谷の写真とか撮って休憩。Q7の新しいレンズ買ったもんで・・・

渇水で申し訳程度の流れ・・・

 

好きな場所。暑いので寝そべってみたいわ

 

出渓場所の手前にいつものポイントがあって、渇水で小さくなっているけど、ドライをキャスト。たぶん24くらいのが出てきた。やっぱりいたね。間をおいて合わせたけど、掛かりが浅くてさよなら・・・。落胆。

 

時刻は12時だった。堰堤の下をちょっとやって出渓。林道に出たら暑かった。雲ひとつ無い、この上もない、晴天の太平洋高気圧。車に戻ったら気温は31度と出てた。たぶん自宅は36度37度の世界だろうな。

とりあえず缶ビール飲んで飯にしよう。

 

と・・・

 

ここで悲劇が・・・

 

朝、車を駐めたところはドッピーカンでした。向こう側に空き地がある。そこは木立の中だったので、涼しそうだった。しかし、ちょっとぬかるんでいるでいつもは駐めない。でも今日は乾いている感じだし、奥へ入れなければ、というか、駆動する前輪を林道との境目くらいにしておけば、スタックすることはないだろう。と、バックで入れたのよねぇ・・・ 

釣りから帰って、エンジン掛けて出ようとしたら・・・ ウィーン。グルグル・・・ やっちまったかも・・・

ちょっとバックに入れて、すかさず前進へ。というブランコ作戦で出れそうになったけど、結局ダメ。降りてみたら、かなりタイヤがめり込んでる?というか沈み込んでいるでないの・・・ という事は車高も下がっているわけで、バンバーが磨っているような・・・。

ゲゲー。まずいんでないの?

そんでもって、エンジン掛けているから、排気ガス大好きな近隣のアブが野次馬のごとく集まってきて、アチコチに止まるし、刺しに来るし・・。たまったもんじゃないわ。

とりあえずこれ以上、タイヤが沈み込むのは避けたい。トランクから小型の折りたたみスコップを出して、バンバーの下の土を排除する。アブがブンブン。ブンブン。黄色いのや、緑色のや、グレーのや、巨大なスズメバチのようなヤツとか・・・ そんな事、かまってられねぇ〜し・・・ やるっきゃないし・・・

でも、これはとても重症だ・・・ ここは携帯の電波が届かない。もう少し林道を上がると電波が届くので、そこまで歩いていって、一番頼りになる叔父宅に電話。ちょうど昼だから、在宅しているだろう。しかし、何度呼べも留守のようだ・・・。困った・・・ 次にあんまり頼りにならない叔父に電話。すると、これから車の点検で郡上八幡のニッサンまで行くところだ。との事。カクカクシカジカと話して、その頼りになる叔父宅に寄ってもらって、レスキューを頼みたい旨を伝えると、「わかった。戻って寄ってみる。」 というのでヤレヤレ。しかし、一番頼りになる叔父は留守だった・・・ ガーン。ショック。そしたら、あまり頼りにならない叔父が、トラロープもって来てくれるという。ありがたいが、一抹の不安が・・・ それは叔父が乗ってくるのが軽乗用車だという事。牽引できるか??? まぁ、ありがたいということで、再度現場に戻って、やれるだけはやってみようという事で・・・ もちろん、アブの大集団の中・・・

林道の脇とかの砕石とかジャリを集めて、タイヤの前後に入れて足で踏んだりスコップで叩いたりして、これ以上、沈み込まないように舗装工事をする。車をほんの少しだけ前進やバックさせて、その敷石の上にタイヤをのせる事に成功。そしてまた前輪の前に砕石、ジャリを入れて固めて舗装工事をする。車を前進させる。これを続ける。すると、なんとかあと2.3回やれば、脱出できるんでないの?というところまで進んだ。

そこへ軽乗用車に乗ったあまり頼りにならない叔父がやってきた。開口一番、「すっげーアブだ!」

せっかく来てもらったので、牽引作業へ。最近の車はバンパーのところに丸いフタがあってそれを開けると、ボルトが取り付けられて牽引ロープを結ぶようになっているのね。初めて使うけど・・・

トラロープを結んで、軽乗用車で引っ張ってもらって、こっちも前進する。でも重いので、そのうち、プチーンと音がして、トラロープが切れた。随分古いロープのようです。もう一度、2重に結んで再挑戦。

だめか・・・と思ったら、なんとか出れた。

ヤッター。

サンキュー 叔父さん、初めて頼りになりました。初めてお世話になりました。とはさすがに言えませんでしたが、感謝しております。ホントに・・・ 

2時間格闘の痕跡↑

ホッとしたら急にお腹が減った。食べていないもんな。自宅にあったカップ麺を持ってきたんでお湯が必要。でもアブ軍団が・・・ 車に乗り込むと何十匹ものアブが車内にいるではないの・・・ 外もいっぱいのアブ。雨粒が落ちてくるような音がするのは、アブが体当たりしているから・・・なんか怖いわ。さっきまでそのまっただ中にいたのね。気がついたら、あちこちアブにやられてます。唯一の救いは、事務局長さん、ブユ、ヌカカにゃ弱いけど、アブは刺されても、腫れないのよね。ちょっと痒い程度で済むのでありがたいわ。でもこんなに刺されると、次はどうなるか・・・?

車の窓を開けて林道を走って車内のアブを飛ばして、少し上まで移動。でもアブ軍団が追いかけてきて、また囲まれた。さらに奥へ突っ走って、堰堤まで来てしまった。ここまで来たらアブはいなかったので、渓まで降りて、やっと昼食。

イワナが泳いでいました。それを眺めながら、おにぎりとカップ麺と缶ビール。やっと落ち着きました。

この堰堤から先は、オヤジが死ぬ前に一緒に入った事があるけど、それ以来入っていないのよね。ヤブヤブになるし・・・でも大出水で谷も変わって広くなっちゃったんで釣りやすいかも。それよりも出渓地点がかなり先というか帰りの林道がぐるっと回っているんで、これでもか・・・というくらい歩くハメになるのが嫌だ。とか思ったけど、ちょっと先までなら釣ってみようか?という気分になって、とりあえず目の前のイワナを釣ってから先へ進みました。

午前中と変わってよく反応してくれて、(小さいけど・・・)楽しめました。小さいんで、まとめて集合写真です。↓ とりあえず、ネットに入るぶんだけ・・・

100メートルも行っていないけど、8匹釣れました。まっ、このあたりだけかもしれない。この先、谷は細くなるし・・・。昔は横に、通い道というか杣道があったけど、今は無いのね。ところどころ残っていてなつかしかった。

谷を戻って午後3時半。

帰りに叔父宅に寄ってロープを返して帰宅しました。今回、スタックというおまけ付きだったけど、親類縁者が近くにいる。いるというのはありがたいわ。とんでもない場所だったら、大変だわ。気をつけようっと!