2017/04/22

初釣行だったけど・・・

 

4月22日() 今年の初釣行ッス! 種子島トムさんと掛け軸さんとの3人です。行き先は、八幡の大洞谷川です。

ここ最近、掛け軸さんが大洞谷川へ出かけている。ジムニーにモノを言わせて、ズンズン奥へ行っているようだし、「わたしゃ、大洞谷川・・・気・に・入・り・ま・し・た。フっフっフ」 とか書いてるんで、こっちは気になってしょーがない。3年くらい前に、入り口付近を釣っただけで、奥へは行ったことがないんだモン。奥は、そりゃ水が綺麗で、なかなかよろしい渓相らしい・・・ 掛け軸さんが出会った監視員の話では、奥の奥にはイワナがいるとの事で、その奥の奥のイワナってのを釣ってみたいという話に、乗っかっての釣行です。

大洞谷川の林道は、狭い・・・ 悪路なところが多々ある・・・ 尖った岩が林道にドバドバ落ちてる・・・などあって、ジムニー、もしくは4WDの軽トラとかが望ましい。そんでもって、すれ違えないほどの道幅なんで、万が一、対向車とか来たら、どこまでもバックしてあーだ、こーだしなくてはならない気がするんで、途中からジムニーに乗っけてもらって、いざ、奥の奥へ・・・ 天気もいいし、最高だわ〜。今年もDIYの続きをやらなくてはならんので、釣りに行けるのも数回になると思うと、今日の良き日、これからの楽しみに、事務局長のテンションは高くなります。

が・・・

しかし、期待の奥の奥へ全然進んでいないところで、倒木が林道を通せんぼ!一抱えほどもある杉の木が倒れていて、これでは無理。しかたないので、ちょっと戻って、ジムニーを駐車して、歩くことになっちまった・・・ 

それでも、横を流れる大洞谷川は、いかにも釣れそうだし、一旦下がったテンションもまた高まるってもんよ。

10分か15分歩いたでしょうか・・・もう釣りたいばかりなので、奥の奥まで行かず、適当に入渓〜。知らなかったけど堰堤があって、そのプールでトムさんがドライをキャストしたら出た!けど、小さかったのか、なんなのかわからんけど、掛からなかった。でも魚が反応したのは間違いないので、堰堤の上に入って釣り上がっていきます。

今日の良き日の為に、ハズカシフライの新作も作ってきました。ちょっと自信があります。なんか焦る気持ちで、手元がおぼつかないけど、なんとかティペットを通して、おっしゃ〜と、キャスト〜。

ん・・・? 

思った程ではない新作ハズカシ。それでも小さい魚が反応してくるのが確認できたけど、こりゃ、ボツネタだな・・・。しょーがないので、ハズカシSPにして、しばらく行ったら、なんなかよさげなポイントがあって、しつこくやっていたら、底石の下から黒い魚がからんできて、流れだしまで来て、かかったけど、バレちまった・・・。この谷のイワナが釣りたいと思ってるんで、黒い魚を見て、「イワナだ」と思い、トムさんや掛け軸さんに「今、イワナが出たけど、掛からなかった〜」と大騒ぎしてしまったけど、今思うに、本当にイワナかどうかは、わからん・・・

まぁ、そのうち釣れるだろうと思ったけど、その後は全然だめ。

トムさんはドライなので、時々、出るけど小さすぎてかからないみたい。掛け軸さんもハズカシフライだけど、やっぱり釣れないみたい。

そのうち、トムさんがドライで15pくらいのアマゴを釣った。いいなぁ〜。綺麗なアマゴだった。うらやましい・・・

ハズカシフライやめて、ドライにしたり、ウエットにしたりしたけど、ダメだった。ドライフライは3つくらい紛失したし、ウエットも2つ無くした。う〜・・・ヘタクソになっている

おまけに・・・

倒木の下を潜ったとき、ヨタヨタとしてバランスを崩して転倒。そのときに、折れた枝があり、それで、ひだりほほを、ガリっとやって、結構なひっかき傷が出来て、少し出血している。すぐに血は止まったけど、ヒリヒリと痛い。まぁ、左目まで行ってたらヤバイことになるところだった。冷や汗もんだ・・・

余談だけど、顔のひっかき傷は目立つので翌日会社に行って会う人ごとに、どうした?と聞かれる。いちいち説明していたけど、そのうち、同じ話をするのも飽きてきたんで、山菜を採りに行ったら、大きなイノシシが出てきて、格闘するハメになって、イノシシのキバで、負傷した。と、か、サルとケンカしてひっかかれたとか、クマの右フックをかわして、カウンターを打ち込んだけど、クマのツメがかすめた。とか言ってた。

 

以下、釣れないので、写真を撮ったりして過ごした。

適当に入渓した頃の大洞谷川 ↑

 

時々ゴルシュのようなところもあった↑

 

とある場所は、地質地図で見ると、白亜紀後期の地層があって、ひょっとして化石でもあるんちゃうけ〜と、割ったりしたけど、何も無し。後で調べたら岩屋ダムの西側とかにもこの地層があるみたいだけど、このあたりから化石が出たという事は無いようなので、ムダな作業だった。↑

 

その白亜紀の地層を越えたら、石というか岩が変わって、↑ 固い大きな石がゴロゴロするような今までとは感じが違う。なんかイワナが釣れそうな感じ。水はもっときれいになって、木曽の阿寺川とか柿其川みたいな感じ。本当はここらあたりまで、ジムニーで来て、釣るはずだったのよ〜。

ここからが本番なんだけど、なんか今日は活性も低いようだし、今まで釣り上がってきて、全然、釣れないんで、こっちの活性も低くなっちまったし、昼過ぎたんで腹減ったし、ビール飲みたいし・・・

で、出渓。林道をトボトボと歩くけど、30分以上掛かった。(気がする・・・)

 

時々、花もあるけど、まぁ、あんまり無い谷だなぁ・・・ フキノトウも無いし・・・ タラの芽とかワラビとか山菜も無いね。

とりあえず気づいた花々を撮す。

コガネネコノメソウだと思う。↓ 大和、白鳥、高鷲とかでは見たこと無いなぁ・・・

 

ショウジョウバカマ↓ でも小さいな。ロゼッタも小さいんで、まだ若い株かもね。

 

ミヤマカタバミのピンク。福井県とか庄川とか、まぁ、日本海側の方が多いと思うんで、郡上八幡で見れるのは珍しいかも・・・白のミヤマカタバミの中に増じって時々、ピンクのがあったなぁ・・・

花を撮しながら林道を下ってるんで、トムさんや掛け軸さんと随分と距離が離れてしまい、途中、待たせたりして、あいすいませんでした。

13時近くになって昼食。

軽に乗ったじいさんが、杉林の中にいて、ナニやら採っているみたい。「釣りかぁ〜」と話しかけてきた。「この先には家が2軒あった。わしも住んでいた」とか、「その2軒の為に、この林道を造った。」とか・・・ 「昔は釣れたぞ。ウジャウジャいた」とか・・・ じいさんは80過ぎているんで、50年も60年も前の話だから・・・ 「うなぎも居たぞ」とか・・・ ちょっと面白かった。じいさんは軽に乗って、その先へ行ったけど、その先は、杉の木が倒れていて通れないんで、メチャクチャ時間掛けて、バックしてきた。

で・・・

「釣りか?」とい話になって、「昔はこの奥に2軒家があった」とか、「昔は釣れたぞ」とかさっき聞いた話を言う。どうも、じいさん、5分前のことは覚えていないみたいだった。(笑) 

 

さてどうするか・・・ また奥へ行くのも辛いので、ここから釣る。トムさんと掛け軸さんは目の前から川へ降りていった。事務局長は一旦下がって釣り上がる事にして林道を下り適当なところから実釣開始。

んでも、釣れない。水温は上がり、多少のハッチもあるけど、釣れないわ。2.3回、魚の影は見たけどダメだった。

そのうち、掛け軸さん達に追いついたので、聞いてみたら、トムさんがまた釣ったらしい。へ〜って見てたら、目の前でまた釣ったけど、ばれてしまった。トムさんは僕らじゃないナニか持っているんで、こういうのを「トムさん日より」という。

トムさん達を追い越して林道を歩いて適当なところから入って釣り上がるけど、全然ダメ。ナニやってもダメ・・・そのうち15時くらいになったので、ギブアップ・・・ 林道を下ると、トムさん達がいた。彼らもそれからは釣れていないみたいで、ギブアップ。

掛け軸さんのジムニーに乗って、トムさんの車を置いたところに戻って、着替える。なんか、左足のネオプレーンのストッキングの中が、クチュグチュしてるなぁ・・・と思っていたが案の定、水漏れを起こしていて、靴下がベタベタだった。トホホ。これも修理しなくてはならなくなった。またヤル事が増えた・・・と、落胆。

あと、右岸側の山がヒノキの植林が多くて、昼頃から、花粉症悪化! 夜は鼻が詰まるし、詰まっているのに鼻水ダーダーだし、頭がボーとするし・・・ 

本日の結果。行きたいところへ行けず、新作ハズカシはダメだったし、ウェーダーは水漏れするし、転んで顔に傷を作るし、何も釣れないし・・・と、散々だった・・・

それでも、山は楽しいわ・・・ 釣りは楽しいわ・・・ 帰ってくると、また行きたいと思うな。