2017/06/04

 御利益?

 

6月4日() いつも通りに出発予定だったけど、地区の神社の掃除の日だって事、忘れてた・・・。しゃーないので、それを済ませて9時過ぎに出発。遅くなったんで高速を使って高鷲まで。道中、「どこへ入ろうか・・・」と思案してたけど、アヒル谷の中段の上に入ることにした。5月に弟子たちと入ったとこから上、堰堤までのコース。

高速使って10時40分着。早いわ! 天気快晴。寒いくらい。中段の上の降り口からちょっと下ってから開始。渇水です。でも、足跡とかは無かったんで、ラッキー。とりあえずドライでやってみたけど、全然反応無し。魚がいないとは思えないんで、状況が悪いというか活性が低いんでしょう。30分後、早々とドライはやめて、ウエットにするも、こちらの反応も無し。そーいえば、この時期定番のオオルリとかも鳴いていないし、カケスもいないし、うるさいヒヨドリとかもいない。シーンとしている。カゲロウとかも飛んでいないし・・・寒いんでしょう・・・ 昼過ぎくらいになったら活性も上がると思うので(希望的観測)、それまで、ゆっくりと釣り上がる事にした。 渇水のアヒル谷中段

ウエットはやめてハズカC45にする。時々、反応してくるのもいる。けど、釣れない。そのうち、アタリがあるけど乗らないっていう感じになってきた。腕時計を見たら12時近くになってた。多少暖かくなって、野鳥のさえずりとかも聞こえるようになってきたし、虫も飛びはじめたんで、活性が上向きになってきた?から、アタリも出したのかも・・・

しかし、このままのペースで行くと、まもなく終わりの堰堤になるので、写真を撮って時間をつぶしたりする。ヤマフジがきれいだった。ちょっと盛りは過ぎているけど・・・ ↓ 今日はいつものソニーのコンデジRX−100ではなくて、久しぶりのペンタックスのQS−1 レンズも望遠に替えて遠景圧縮でパチリンコ。やっぱレンズ交換ってのは楽しいわ〜。と時間をつぶして、さらに活性が上がってくるのを期待して・・・・次へ進む。

 

で・・・

堰堤の手前で、とうとうハズカC45で釣れたイワナ 23pくらいかな?やっぱり活性が上がってきたんでしょ〜か?ミドリカワゲラモドキ?みたいなのも飛んでいるしねぇ・・・朝は見られなかったモン。

 

で・・・

堰堤では・・・

ムフフ・・・

アマゴも釣れちゃった。堰堤だし、出渓地点なんで、しばしキープ。久々の集合写真 わっはは・・・

欲を言えば、サイズが・・・だけど・・・

前回、テールのマテリアルを変更したけど、問題ないみたいだな。こっちの方がいい感じだわ。堰堤のプールで釣れるとハズカシフライやっていて、よかった・・・って思う。たぶん掛け軸さんには分かる表現だろう。

 

堪能して出渓。午後2時過ぎてた・・・ はらへったわ〜

車に戻って昼食。ビールがうまい。ウインナーも焼き焼きで、しあわせだわ〜。コーヒーも煎れて飲んで、まったり・・・ しばし、くつろぎ、後片付け。 

さて、堪能したので帰宅してもいいけど、行ってみたいところがあるので、出発進行〜 

途中、朴の木を見つけて朴葉を頂く、これで朴葉寿司を作ろう

 

現地到着〜。

なんていうのか?長良川の上流部というのか・・・ 橋の名前みたら、本谷橋とあったし、横の林道も本谷線とあるので、本谷ということだろう。この本谷、スキー場とか、ゴルフ場もあるので、水質は富栄養気味。橋の上から下を見たら、なんちゅーか、川底は茶色い藻がいっぱいだし、少し濁った感じだ。小さい魚がいっぱいいる。ありゃ、どうせ、カワムツか、クソンボだろう・・・。期待できんし、気分的に乗らないけど、せっかく来たのだから、ちょっと竿出してみよっと! って思ったのが午後3時も過ぎた頃・・・

ドライでやったらパチャパチャとうるさい。でも、それはカワムツとかクソンボじゃなくて、アマゴの稚魚だった。たぶん稚魚放流したんだろう。そんな時期だとおもう。でもまぁ、カワムツとかクソンボもいるだろうね。現に横の水溜まりのような所ではカワムツが団体でいたし・・・とか思いながら釣っていったら、アマゴが釣れた。でも小さい15p程度だわ。おっおぉ〜。ウッソー。てっきりカワムツだと思ったんで失礼しました。まっ、うれしいし、初めて来たところなんで記念撮影。

どうせマグレだろうと思ったけど、そのあと3匹くらいアマゴ釣れた。同じようなサイズ。でもうれしい。

その中の1匹で、ハーフ水中写真をやった。アマゴバージョンやりたかったわ。モデルが小さいけど・・・。今までソニーのRX−100でやってたけど、ペンタのQS−1でも出来るんじゃないのか?と、今日はそれのテストでもあったのよ。小道具も作ってきたもんね。

イワナより言うことを聞いてくれないアマゴちゃん。奥の森を入れたかったんで、ちょっと絞ってみました。もう少しモデルさんが横向いているとよかったけど・・・ 

撮影会終えて、この先、もっと行ってみよう! っていう気になった。もっと大きいアマゴ釣れるんちゃう?そろそろイブニング・タイムってやつかも? うしし・・・

でも、その先、全然釣れなかった。例のごとく、ウエットにした。そしたら、リードのロイヤルコーチマンを食ってきたのは、イワナだった。へ〜、イワナもいるんだって、思ったら、オートリリースになった。うーん写真とりたかった。結構いいサイズだった(自分的にはだから・・・) で、また気をよくして、さらにウエットで進む。もっと大きいイワナ釣れるんちゃう?そろそろイブニング・タイムってやつか?うしし・・・

でも、ぱったり釣れなくなった。稚魚もいなくなった。またドライに替えてみたりしたけど、同じだった。ハズカシフライにしてみたら、時々は姿を見るけど、なんかやる気無い感じ。そんなんで午後5時も過ぎた。もうダメかなぁ・・・と思い出した午後6時頃、なんか活性が上がってきたみたいな気配がする。なんとなくだけど・・・ 

ひょっとして本当にイブニング・タイム?とか思ったので、ドライにした。クイルゴードンみたいなヤツの14番。ずくに釣れたのはアマゴだった。朱点が小さい天然物みたいなヤツだったけど、ちょい小さかった。その上でもまた釣れた。

おっ、イブニング・タイムだわ。って思ったけど、あとは続かなかった。

結局、こういう事なのね・・・ もう、出渓しよう・・・ 

って思ってたら堰堤出現〜。あそこまで行こう。あそこで終われる。ヤレヤレ。そんなに大きな堰堤ではなかったけど、プールは深そうだった。ここはハズカC45でしょう。って朝の事もあるし・・・とか思って交換しようとしてたら、バチャってライズが・・・ えっ? ライズ? そんなぁ・・・ ライズ取るのって超久しぶりやし・・・ と、アタフタしてたら、流れの筋、あちこちでパチャってライズが始まった。焦るわ、焦るわ・・・ 何がハッチしてるんだろう?と観察すれども、何も見えず。帯堤から流れる水面を見ても何も無い。しかも、この堰堤のプールしかライズしていない。下流はライズ無し。空中を上下しているのはスピナーだし・・・スピナーフォール?とも思えんし・・・。でもまぁ、この#14のクイルゴードンみたいなのでもええじゃろう・・・とキャスト。すぐに釣れた。小さいイワナだった。なんかあっさり釣れて拍子抜け。そのあとも立て続けに3匹、同じようなのを釣った。

でも、フライの横でライズされることもあったので、#16に落として、ウイングも刈り込んで小さくしてキャスト。うーん見にくい・・・。でもこちらの方が反応が良かった。ワンキャスト、ワンヒット状態。小さい15pくらいのは即リリース。それ以上のは、とりあえず、しばらくキープ状態。 バッテリーが危ういので途中で一旦パチリする。

楽しいわ、楽しいわ・・・ 追加入ります〜、追加入ります〜

でも、何にライズしているのか?やっぱりコカゲロウなのか?クロマダラ?そうじゃなくて、ナニ?という疑問が残る。ストマックポンプは持っていないし・・・。時々、モンカゲみたいなのも飛んでいる。ちょっと遊んで#10のライトケヒル・パラシュート・ハックル・パラパラってやつもキャスト。それでも釣れるけど、やっぱり#16のクイルゴードン・見にくいヤツ。にはかなわない。あと、ハズカC45とかもやった。魚の活性が高いので、ひょっとすると、もっとデカイのが釣れたりして・・・と思ったけど、結局、同じようなサイズのを2匹釣った。あと、ウエットのコックロビンとブループロフェッサも使ったけどこれは釣れなかった。いろんな事をせず、そのまま#16のクイルゴードン・見にくいヤツを使っていたら、もっと釣れてたろうな。

午後7時になったら、ライズは終わった。

数えてみたら17匹だった。小さいのは即リリースしたので合計だと22匹。アマゴが3匹混じってた。

タモの中の魚をまたプールに戻して、いゃ〜、楽しかったわ。こんな事、我が人生で、もう起こらないかもしれんなぁ・・・。

ふと、ひとりぼっちだと気がついて、急いで帰る。周りに人家も車が通るような道路もない・・・。幸い横に林道があって川通しで帰らなくてもいいだけありがたいけど、、山側は深い森。クマ除けのベルを鳴らしながら帰路につく。結構な距離を釣ってきたもんだわ(自分的には)と思う。

途中、月が出ているのに気がついた。ホトトギスが鳴いている。ツツドリが、ポポポと鳴いてる。タニウツギが盛りできれいだった。

明日も、こうなのだろうか? 来週はどうなのだろう? たぶん来週はこんな事はないだろうなぁ・・・ 一期一会かもね。

こんな1日が過ごせたのも、やっぱり朝、まじめに神社の掃除に行った御利益かもね。

ただ、何を食べてライズしてたのかは、知りたかったなぁ・・・