2020/08/30

朝はどうでしょうか?

 

8月30日() 今回も、アヒル谷です。これで3週続けてアヒル谷の同じコースに入るわけですが、今回は早起きして(自分的にはの話なのでこれを早起きというのかどうかは別ですが・・・) 7時20分にアヒル谷に入りました。先週、先々週というか、毎度11時近くにノコノコやってきて釣れない・・・などと言っているんで、今回は、7時頃に入渓してみたらどうなんでしょ〜か?という事です。というのと、11時近くにノコノコやってくると、こんな山奥でも暑くてたまらんので、今回は頑張って早起きしたわけです。

午前7時半頃の、アヒル谷の風景 いや〜、すがすがしいです。朝靄の中に差し込む朝日がキレイです。気温25度です。気持ちいいです。

先週よりもさらに渇水が進んでいるのか?と思ってたけど、それほどでも無いような・・・、先週よりもちょこっと水が多いような気もします。時々、雷雨でもあって、一時的に増水して、また渇水になっているのかな? 水温を計ってみたら、16.2度で、意外に冷たいのね・・・と思いましたけど、まだ8時前だし、こんな感じなのかな?先行者はいません。足跡も無いので、昨日も入っていないような感じです。クモの巣もありますし・・・。でもクモの巣にはほとんどカゲロウや昆虫はくっついていません。クモも腹が減っいるでしょうなぁ・・・ とまぁ、こんな感じの状況です。

 

とりあえず、14番のエルクヘアカディスを使ってみます。反応は・・・ ほぼ無いです。朝に来ても同じか? でも、よく見てるとフライの下に魚の影が見える(まれにそんな事もある)んで、ハズカシSPを使ってみます。先週、無くしたので急遽、作りました。そのSPも、その後、チェンジしたハズカC45にも結局反応はありませんでした。

それじゃ、#16程度のアントにしましょう。ティペットも7Xにして伸ばしました。こちらの方が反応がよろしい(といっても2.3匹の話)ようですが、パックリ食べてはくれないです。でも、なんとか、釣れました。

アマゴでした。サビているような・・・。ステイホームで、あまり出歩いて(魚なので出泳ぐが正解なのかも)いないから、サビているのでしょうか?暑いから岩陰に居ることが多いのでしょうかね。フックの掛かりが浅くて皮一枚でした。よかった・・・バレなくて・・・

 

珍しくストマックを採取してみました。→(その一部) 黄色いのは大型のユスリカ?もしくはガガンボでしょうか? あとはシャック?ですよね。右上の黒いのは極小のアリですかねぇ・・・ そのシャックですが、なんとなくバッタの足に見えますが、どうなんでしょうか?バッタも大きくなるために脱皮するんですよねぇ?その脱皮したのが流れてきてそれを食べたんですよね?バッタは水生昆虫ではないので、水中で脱皮するはずないもんね。アヒル谷の川岸近くにいるバッタが脱皮して、それが雷雨とかで流れてきたんでしょうか? ストマックの中は、もっと極小のコガネムシとか、アリとか、小さい黒いユスリカとかブユとか、極小ニンフとかが入っていると思っていたけど、シャックが大半を占めているんで、このアマゴはシャックがお好きなのか、今の時期は、食べ物がなくて、シャックくらいしか流れてこないので、偏食しているのかも?とか、思ったりして・・・

ついでですが、甲殻類(エビやカニ)などは、アスタキサンチンという赤色の色素が多くあって、(エビもカニも熱を通すと赤くなるアレの事) そのアスタキサンチンは昆虫の殻にも含まれているらしいのです。なので、シャックばかり食べていると、朱点も派手になる?という仮説はどうでしょうかねぇ〜

まっ、アマゴに聞かないと、本当のことは判りませんが、とりあえず釣れたので、ちょっと気が楽になりました。

 

 

時刻は8時30分です。朝の光は、やっぱり、きれいですねぇ・・・。

 

何匹か(といっても2.3匹の話)、アントに興味を示すんですけど、なかなかバクッてやってくれない。それと、出てくるのが、アマゴです。この時間だとアマゴなのでしょうか?よくわからんです。

ティペットも7Xだし、いつもより長め(といっても人様よりは短いと思う)だと、あちこち引っかかるし、クモの糸を払ったりすると切れたりしまして、当然、フライも無くなりますが、ここは忍耐しかないので、がまんして、じっくりと釣り上がります。

その甲斐あってか、もう1匹釣れました。先ほどのよりは小さいですがアマゴです。先ほどのより、さらに黒いですが、派手な朱点はあまりないヤツでした。↓

 

写真でお気づきになった方もおられると思いますが、あの先々週に折ってしまった7Ft 6P の竿です。ちょっと短くなってしまいましたが、ジョイント部分を無理やり作って復活させました。折れた部分を6分割して裂いてメスの部分を作り、接着剤が付かないようにオスのスピゴットにロウを塗って、挿入してエボキシで隙間を埋めて、スレッドで補強して、トップコート塗って、熱収縮チューブを被せて、ライターであぶって収縮させて、もう一度、スレッド巻いて補強して、トップコートを塗って完了というかなりおおざっぱな方法です。、とりあえず普通に使ってみましたが、まぁ、いいんでないの?って感じかな。そのうちダメになるかもしれんけど・・・ 長年連れ添ったんで、折れたままにするのが忍びなかったかも。竿と同じに買ったマリエットのリールもドラグが、おかしくなってしまったんで、今後、これらを使うかは微妙です。

 

釣りの方ですが、釣れないと、やっぱり、ハズカシフライを結んでみたり、大きいエルクヘアを結んでみたりしますが、よろしくなくて、やっぱり元に戻したりしながら、ボチボチと釣っていきます。

 

10時過ぎた頃だったかに、イワナが釣れた。 ちょっとうれしい・・・ ストマックを見ればよかったけど忘れました。

その先の、堰堤下のプールに期待したのですが、1回ライズされただけ・・・ 

先週に続いて今回も堰堤を越えて行ってみます。

なんと、ここで奇跡が・・・ それは杉の枝が落ちていて、それが足にからんで、転びました。最近、よく転んだり、転びそうになったり、よろけたりします。歳ですなぁ・・・ で、起き上がろうとしたら、そこに、先週無くしたハズカシSPが落ちていた・・・ ホントの話。

気をよくしたけど、魚は釣れず・・・

さらにフライを高い枝に引っかけてしまい、往生こきながら回収したら、他人様のフライもオマケで付いてきた。オマケをもらって、気をよくしたけど、魚は釣れず・・・

結局、次の堰堤のプールも沈黙。それでさっき拾った奇跡のハズカシSPを投入したら、15pくらいのイワナが釣れた。15pでした・・・ははは。

 

時刻は11時過ぎまして、暑くなりました。

 

本日は、これまで・・・ 終了とします。朝の方が、若干ですが釣れるような気がしますが、どうでしょうかねぇ・・・