低山トレッキング

     ┗ おきらく MTB

             ┗ 2006   10/21・お気楽・MTB 尾上郷林道 (主記事)

 

2006年10月22日 

          初秋の尾上郷MTBトレッキング   

 

PENTAX *ist DL2 18-55mm       トリミング & リサイズ

対岸の山は10年くらい前に裸にされた・・・。伐採の時、尾根の上に大木を残す。

これが土地の境の印なのかどうなのか知らないが、時々見かける。

石川県の大日川の古老の話では、昔、焼き畑をするとき、てっぺんの木を残す。

それは、天狗様(山の神)の降臨する場所にして、火入れの時、お供え物をし、

無事に焼き畑が出来るように祈るとか・・・。その風習が残っているのか?

時々、残された木を見ることがある。

 

 

 

PENTAX *ist DL2 18-55mm    リサイズのみ

アマゴ谷と大シュウトの出会いをアマゴ谷から見る。見覚えのある風景の方もいるかも。

下の淵で、丸々とした尺イワナを見た。撮そうと思ったが、逃げられた。

オイラの釣りも同じ・・・

・・・・・

三脚無かったので手持ち撮影の0.5秒。

・・・・・・

 

PENTAX *ist DL2 18-55mm    リサイズ

大シュウトとアマゴ谷の出会いから大シユウトを下流に見る。渇水・・・

あちこちに魚の影を見る。

「やれやれ・・・やっと静かになった・・・」

と、魚さんたちはおっしゃっている。

 

   

06/10/30 追記

上の写真をまず見てくださ。、橋の左側の木の中に、クマ棚がある。との掛け軸さんよりの指摘がありました。

06/10/29 再度、尾上を訪れた掛け軸さんが発見。当画像で確認。

分かりづらいので、下にその部分を拡大しておきます。

 

クマ棚とは、クマがのぼって、ご休憩なさったところです。

近くの太い枝を折って、重ねて、簡易ベッドをこさえて、休息されるので、クマ棚を発見すると、

クマがいたという証拠になりますね。

先程作ったというような新しいのを見たら、退散しましょう。

10月22日当日、この橋の川原で、ケーチャンなど焼いて、飲んだくれておりましたが、

ひょっとすると、近くで、クマさんが見ていたかもしれないです・・・。

 

 

 

さらに追加画像

大シュウト谷が直角にクランクするところで、林道からよく見えますね。見覚えがある方も多いかと・・・

左が06年10月22日で、右が10月29日。1週間で、紅葉がこれほど進みます。

という、どーでもいいような画像でした。

ちなみに右の画像は掛け軸さん撮影。BBSより勝手に頂きました。

 

 

PETNAX *ist DL2   SIGMA 50mm MACRO   スポット測光    リサイズ

 

大シュウトを少し上がる。静かな淵に紅葉が映る。

紅葉は少し早いか?

アマゴらしき魚がゆったりとしているが、ライズはせず。

 

 

PETAX *ist DL2 18-55mm    リサイズ

下草のシダが美しい。静かすぎる。何かケモノが歩くようなカサカサという音がする。

しかし、それは、クヌギの葉が枯れて枝から離れ、落ちていく時、下の枝に当たる音だと

わかるまで、少し時間がかかった・・・。

カサ、カサ・・・・カサ・・・・。と音がする。

枯葉が落ちる音・・・。それが聞き取れるほど、静かである。

まもなく、白い世界になるだろう・・。

 

 

PETAX *ist DL2 18-55mm    リサイズ

楽しかった尾上ともお別れ・・・。午後4時半・・・。ちょっと寒くなってきた・・・。

ahiru_da_photo  2006/11/12


       

(主記事) 低山トレッキング

         ┗ おきらく MTB

                     ┗ 2006   10/07・お気楽・MTB 亀尾島林道 

 

 

2006年10月07日 

    亀尾島川MTBトレッキング 

  

PENTAX *ist DL2 18-55mm       トリミング & リサイズ

亀尾島川は谷が深い。谷が深いというのは、岩盤が固いので、下へ下へと削られて、深い渓谷になっていく。

林道から見ると、垂直に近い・・・・ 下の方に、亀尾島川が見れる。おいそれとは降りられない。

深く自然林の山なので、とても遠くに来ているように思うが、実際は八幡程度の標高。

昨年あった餌釣師の話では、イワナとアマゴ、それにウグイがいるらしいが、メインはアマゴ。

 

 

PENTAX *ist DL2 18-55mm    リサイズ

ほとんど林道から真下に亀尾島川は流れる。林道から亀尾島川を見れる場所も限られる程。

チラリズム(死語か?)の亀尾島川はみるからに、そそられる渓相だ。

これでも数年前の豪雨でずいぶんと埋まったのだが・・・。

 

渓相は魅力的だが、降り口は数ヶ所しか無く、増水していると、渡れないだろうし、

一気に増水してくると、逃げ場はなく、かなり危険をともなうと思う。

 

それにここはヒルも多い・・・。

 

 

PENTAX *ist DL2 18-55mm    リサイズ

 

亀尾島川の林道をかなり上流に行くと、楽に川へ降りられる場所が1カ所。ここでお昼の

カップラーメンの水を調達し、缶ビールを飲む。

が、突然の雨。ひさしのように出っ張る岩の下で、まったりとすごす。

山は少し、秋の気配・・・。

まもなく産卵行動がみれるだろう・・・

 

 

PETNAX *ist DL2   SIGMA 50mm MACRO   スポット測光    リサイズ

その見上げるような岩盤にはコケがついていて、妙なキノコが沢山出ていた。

傘の大きさは1センチくらい。なんという名前なのか?調べてみたがわからず・・・。

 

 

PETAX *ist DL2 18-55mm   スポット測光 リサイズ

林道のどん詰まりまで行く。そこから先は、杣道となっていた。

ちょうどモチ谷の出会い付近。モチ谷を少し上がると、魅力的な滝があったので

しばし、撮影会に興じる。掛け軸ささんは、もう少し上でアングルを決めていた。掛け軸BBSにてご覧あれ。

 

ahiru_da_photo  2006/11/12