(主記事) おいらヒチノスケ

               ┗ 2006  12/16・あちこち連れ回されてます。

 

 

2006年11月19日     晩秋の鹿倉オンボ谷

 

PENTAX *istDL2 + SIGMA18−200mm   +PL   リサイズ

旧和良村の鹿倉川。オンボ谷の奥は禁漁区。

大した滝ではないが、紅葉とあいまって、風情があった。

川岸もほとんど自然林で、なかなかの渓相。が、ここは禁漁区。

新緑の頃に、もういちど行ってみよう。

 

 

滝からしばらく歩くと、「長寿の森」という、小さな遊歩道と、キャンプが出来る施設があった。

どうも、中学校や小学校の野外授業の時に使うようだ。ここでオンボ谷は3本に分かれる。

小さくなった谷を覗くと、あちこちにアマゴがいてペアを組んでいた。

ahiru_da_photo  2006/11/19

 


   

(主記事) 低山トレッキング

           ┗ おきらく MTB

                   ┗ 2006   11/12・お気楽MTB/九頭竜湖畔のはずが・・・

 

 

2006年11月12日  

  初冬の九頭竜ダム・伊勢川

 

PENTAX *ist DL2 + SIGMA 18-200mm +PL      リサイズ

九頭竜ダムに流れ込んでいる支流で一番西にあるのが、伊勢川だ。

この川の上流は里川の雰囲気。

かつて部落があったが、九頭竜ダムによって、孤立し離村を余儀なくされた。

 

 

 

 

 

PENTAX *ist DL2 + SIGMA 18-200mm  +PL  リサイズ

 

三重でもないのに「伊勢川」とは?かつての里の名前も、伊勢。

 

各地にある、元伊勢伝説のひとつ。

伊勢神宮は三重のあそこに鎮座する前に、ここにあったという伝説がある。

上流の上伊勢に行くと、かつての伊勢神宮の跡があるそうな。そこには

巨大な、杉の木があったが、今は株のみらしい。

 

また、伊勢川や支流では、古い石灰岩の地層が露頭していて、

ハチノスサンゴなどの化石が採取できるそうな・・・

 

 

 

 

 

PENTAX *ist DL2 + SIGMA 18-200mm    リサイズ

 

少し標高が上がると、そこは冬・・・冬と秋が一緒に見える。

先は、伊勢峠。峠を越えると、笹生川の上流に出る。

あまり利用価値のないような県道だけど・・・。

一説によると、中世の頃は、西美濃から、根尾川に沿って上がり、温見峠を経て、笹生川。

笹生川をさかのぼり、伊勢峠を越えて、穴馬(現在の九頭竜湖に沈んだ部落)に至ったとか・・・

穴馬も古い郷で、源平の頃よりの言い伝えやら、源の悪源太伝承の笛などがあるそうな。

 

 

 

PENTAX *ist DL2 + SIGMA 18-200mm    リサイズ&グレースケール変換

 

廃村になった伊勢地区。

しかし、

かつてこの地で育った者は、夏になると、町から遡上してくるようだ。

やはり、育った水は、忘れようがない・・・。

小さな小屋を建て、夏の間は、畑を耕し、花を育てて、笑って暮らす。

 

やがて秋も深まり厳しい冬がやってくる前に、小屋を閉じて、町に戻る。

 

あとは、古い地蔵様が、ふるさとの小屋を守る・・・。

 

ahiru_da_photo  2006/11/12