2007年 10月29日  片知林道〜高賀山 (主記事・おいらヒチノスケ 2007/10/29)

 

PENTAX  K100D + SIGMA 18-200mm F3.5-6.4 +PL

標高1220メートルある高賀山なので平野部はまだ全然紅葉していなくても、ここは見頃だった。

赤いのはマルバノキ。黄色いのはシロモジ。共に新緑の頃も美しい。好きな木である。

 

PENTAX  K100D + SIGMA 18-200mm F3.5-6.4 +PL

マルバノキは紅葉の頃に花が咲く。葉の付け根に、ピンクの花が咲いているのがお解りだろうか?

向こう向きなので見えないのが残念だ・・・。

 

PENTAX  K100D + TAMRON 70-300mm +1.5テレコン トリミング

高賀山を終えて林道に止めてある車に戻り帰り仕度をしてたら、尾根の方で、「コツ、コツ」と木を叩く音がする。アカゲラかアオゲラだと思うが、姿が見えない・・・。しばらく目をこらして見ていたら、それはアカゲラだった。

急いで望遠に付け直して撮そうとするが、日陰で暗く、シャッタースピードが上がらない。ISO1600に上げて、なんとか1/100 最大望遠だとFも暗くなって限界だ。まぁ、確認するたげの画像になってしまうが、約3年ぶりのアカゲラとの対面なので、興奮し、シャッターを押し続けたが・・・

画像はやっぱり・・・だった・・。

 

ahiru_da_photo  2007/10/29


   

2007年 10月14日  神崎川にて (主記事・おいらヒチノスケ 2007/10/14)

神崎川のゴロゴロの滝を見に行く。特別、コレっていう意味はない。ヒマだったから・・。

神崎川の上流、最後の部落の上流にゴロゴロの滝ってのがありました。なんで、ゴロゴロの滝という名称なのか、ネットで調べたけど、なんかよくわからん・・・。どのあたりがゴロゴロなんだろうか・・・。

神崎川へ落ちる枝沢の滝です。

PENTAX  K100D + PENTAX-M 20mm F4.0

このあたりに釣りに来たことは2.3回あると思うが、かなり昔のことで、よく覚えていない。アマゴが釣れたと思う。林道のドン詰まりの中越から奥へは入ったことはない。所々、伏流していたと思う。

近いようで遠いんで、156号に足が向いてしまうけど、このあたり石灰岩の山が多いので、春には珍しい花も咲くみたい。毎年、行ってみようと思うけど、思うだけでなかなか足が向かない。

 

PENTAX  K100D + TAMRON 70-300mm

神崎川の日原あたりから上流、ゴロゴロの滝付近の川原や、岩の上に、シュウメイギク(秋明菊)が咲いていた。観賞用として古い時代に中国から来た帰化植物らしい。観賞用なんで、自生しているのは珍しい。

なんで、ここにこんなに咲いているの?っていうくらい。ふつう、廃家になったところとか、人家の跡とかにさいているのは見たことがあるが、川にこれほどあるのは珍しいと思う。他の河川では見たこと無い。

暗い谷間に、濃いピンクがとても映えてキレイです・・・。

 

ahiru_da_photo  2007/10/14