2009年 4月25日 あるのと、ないのと・・・

この時期、見かける花で、ジロボウエンゴサク、ヤマエンゴサク、ミチノクエンゴサク、ムラサキケマン、キケマン・・とか、色は違うけど形がよく似た花がありますが、この中で、ジロボウエンゴサクヤマエンゴサクの区別このほど、初めて知った次第で、「へー」となった。そして今まで、かなり間違えていたかもしれない。

ジロボウエンゴサク。花の付けねにある1枚の葉っぱ。赤丸で囲ってあるところですけど、この葉が縁が切れ込みが無いのが、ジロボウエンゴサク

 

かわってこっちがヤマエンゴサク。同じ様な花です。花の付けねの葉、赤丸で囲ってある葉ですけど、切れ込みがあります。この違いで、ジロボウヤマエンゴサクを見分けるんですよ。花の色はムラサキやら、赤っぽいのやら、それぞれあるし、茎から出ている葉の形も色々で、初めは、茎から出ている葉が丸いのはジロボウだと思っていたし、赤っぽい花がムラサキケマンだとか思っていたけど・・・。ちょっと目からウロコだった。

 

でも・・・

まぁ・・・

フライマンちゃんにはどーでもええ話。

でも・・

あんたらだって、オオマダラはテールが3本で・・・。マエグロは2本で・・・って、やってるでしょ?

カゲロウ知らない人達からすれば、どっちがマエグロでオオマダラなのか、よーわからん世界だわねぇ・・・

 

 

ahiru_da_photo  2009/04/25