2010年 5月15日 久沢の春 (釣行記2010年5月15日)

久沢の林道を歩いていると、ふと目についた。小さい薄いブルーの花。春に咲くリンドウの仲間のようだ。フデリンドウってのは知っているけど、それよりももっと小さいな。花は1円玉くらいの大きさ。

帰宅してから調べたら、コケリンドウというらしい。コケリンドウは初めて見た。

 

こちらはミヤマカタバミ。ミヤマカタバミは白が多いし、奥美濃で見るのもだいたいが白。アヒル谷でも白である。石徹白とかちょっと福井に近いところで、薄いピンクは見たことがあるが、ここまでピンク色ってのは、初めて見た。ベニバナミヤマカタバミとか言うらしいが、それは園芸種とか山野草を売買する方面の人たちの話で、ベニバナミヤマカタバミという種は無い。あくまでもミヤマカタバミのピンク色との事らしい。どーでもいいけど。

 

 

ahiru_da_photo  2010/5/15