2013年 4月21日( ワチガイ谷で・・・ 

はじめて、ワチガイソウを見た。小さい花でした。

前々から見てみたいと思っていて、今年、ゴールデンウィークに遠出して、見に行こうとか思っていたところでして、なんてラッキーなんざましょ〜。 花は一円玉くらいの大きさだけど、なんとなく、ハナネコノメに似ていて、いい感じじゃないの?

 

 

そのあと、カンアオイか?って思ったけど、花の付き方が違うので、これが、ウスバサイシンってヤツか?て思い、そーに違いない。ってパチパチ写して、あとで、自宅にもっどって、調べたら、フタバアオイだった。というオチがついたけど、フタバアオイも見たことがなかったので、これまた、ラッキー

ご存じの方もおられるとは思いますがギフチョウは、このフタバアオイの近種のカンアオイを幼虫が食べる。そしてもう一つは、前述したこれまた近種のウスバサイシンを食べるギフチョウがいるんですが、どうも、このフタバアオイを食べるギフチョウもいるらしい。これをフタバサイシンだと思いこんでいたので、ひょっとしてギフチョウが葉の裏にタマゴを生んでいないか?って何枚もめくってみたけど、それらしいのは発見できなかった。もしその時に、タマゴが発見できたら、すごかったんだけど・・・。

 

 

こちらは↓キケマン。よく見かけます。NEX−5R用に、超小型三脚を買ったし、2秒タイマー付きの450円のリモコンも買ったので、どんな感じが、使ってみようっていう事で、適当に、そこらにあった、キケマンを写したっていう話でした。

超小型三脚は仕舞い寸法14p、伸ばして20pくらい。それにハクバの如意棒を取り付けると40pくらいになるので、まぁ、なんとか花を撮るくらいは出来そう。

 

ahiru_da_photo  2013/04/21 


 

    

2013年 4月13日( シロネコ谷で・・・ 

↓は、ふつうに見られる、ヤマネコノメソウ。

 

 

↓は、コガネネコノメソウ。初めて見た〜! ちょうど前日に、TVの山歩きのような番組で、ガイドさんが、これを、見つけて、タレントさんに説明していた。

 

 

↓は、ヨゴレネコノメソウというらしい。 ちょっとグロテスクやね。これも初めて見た〜!

メコノメソウの仲間はたくさんあるらしいし、地域によって、個体差もあるらしい。

 

 

 

↓は、どうやらオオバタチツボスミレのようです。これも初めて見た〜!

午前中の釣りを終えて、掛け軸さんと林道を歩いていたら、タチツボスミレが咲いていた。でも、なんかよく見るタチツボスミレと違うような気がして、2.3枚パチリとやって、自宅に戻って、調べてみたら、どうも、オオバタチツボスミレのようです。普通のタチツボスミレは渓流釣りをしていると、あちこに咲いているから、めずらしくはないんだけど、これはその名の通り、葉が大きい。スミレって色々あるし、地域の個体差もあるし、混血種もあるようで、名を特定するのは、むずかしいです。

茎と花の付け根にある白い部分を 「キョ」 というらしいですが、ここの形の違いでも見分けるらしくって、今回は、図鑑写真のような構図になりました。 もし、スミレを写す場合があったら、この 「キョ」 のところも写すと、あとで特定するのに役立ちます。葉の形とか、毛が生えているか、とか、葉の裏も写しておくと助かりますね。

2013 4月20日 訂正

オオバタチツボスミレとしましたが、よく調べてみると、オオバタチツボスミレは、東北から北海道の地域に咲くようで、ここらあたりには無いと思われます。よってオオバタチツボスミレと表記したことを訂正いたします。

では、これは・・・。

図鑑でみたかぎりではよく似ていたけど、結局、わからんです。大きかったことは大きかった。二週間後にやっと行ってみたけど、もう咲いていなかった。来年、覚えていたら、チャレンジします。

 

ahiru_da_photo  2013/04/13