2013年 7月20日( 舞い上がったけど・・・ 

掛け軸さんとハズカシ谷へ行った。午後から一ノ谷へ入って、ズンズン進んで、釣れなくてトボトボと林道を車へと戻っていく途中に・・・

あれ?

なんだ?この花は・・・

ヤマホタルブクロ?じゃないのか?

でもちがうなぁ・・・

と、興奮する。

ここの谷は、去年、オオタカネイバラや、野生のクリンソウや、シラヒゲソウなど、郡上の谷ではお目に掛かったことがない花が見られて、うれしい思いをしたので、今年も、珍しい山野草が見られると、舞い上がって、写真を撮って、自宅に戻って、さっそく図鑑をパラパラめくって、探したけど、見つからない。ランの仲間か?はたまたホトトギスの仲間か?ってやっていたら、家人がやってきて、「それってジキタリスじゃないの? 野呂さん宅に咲いていたのを見たことがある」って言う。

えっ? 日本の山野草じゃないの?

さっそく、超遅いインターネットで調べてみたら、まさしく、ジキタリスという園芸種で、地中海の方の花らしい。そんでもって、毒草だとか・・・。まぁ、毒草なんで、薬としても使われるようだ。

なんでその園芸種のジキタリスがこんな山奥に咲いているのかは、わからんが、繁殖力は強いらしい。奈良県の天川というところでは、このジキタリスが大繁殖をして、在来種を脅かす存在になってしまっているとかで、ボランティアをつのって、ジキタリス撲滅作戦をやったとか・・・。

毒草なので、シカやイノシシも手を出さないようで、人が引っこ抜かないと、増えちゃってしょうがないらしいけど、一面、ジキタリスってのも、きれいらしい。

事務局長は、やはり日本の山の中で、コレを見るのは、うーん。って思う。ジキタリスに罪はないんだけどねぇ・・・

 

 

ahiru_da_photo  2013/07/20