記事一覧

【2022年 新作】ヴァシュロン・コンスタンタンの「パトリモニー」から華やかなレディスモデルが登場

ヴァシュロン・コンスタンタンは「パトリモニー」コレクションの女性向けモデルに、4本の「パトリモニー・オートマティック」を追加した。今作はふたつのスタイルに、それぞれふたつのカラーバリエーションが用意されている。一方は、分インデックスにダイヤモンドを用いたもので、もう一方はベゼルにもダイヤモンドがセッティングモデルだ。

エレガンスを体現したレディスウォッチ

1957年にヴァシュロン・コンスタンタンが製作した歴史的モデルから受け継がれたスタイルを、女性らしく表現した「パトリモニー」は、ミニマリズムを象徴するものとなっている。クラシカルなラウンド型ケースや超薄型のスタイルはタイムレスなエレガンスを体現し、時代を超えて愛される存在となっている。

今回発表された新作では直径36.5mmのケースを持ち、新たにデザインされた優美な曲線が特徴で、リュウズにも丸みを帯び、柔らかな雰囲気を醸し出している。ダイアルはわずかにドーム型になっており、リーフ型の針もダイアルに合わせてわずかにカーブを描くように配置されている。

シンプルな見た目の中にも華やかさが感じられるのは、ディテールに徹底的に気を配り、見えない部分にまで美意識を集中させるヴァシュロン・コンスタンタンの時計職人たちの情熱がなせる技だろう。特に、ダイアルがドーム状にカーブしているために、ミニッツトラックにダイヤモンドをセッティングする作業は非常に複雑で、細部への配慮が影響する部分だ。

搭載されるムーブメントはキャリバー2450 Q6/3だ。6時位置に控えめな日付表示がある。約40時間のパワーリザーブを備え、196個から成るムーブメントの厚さは3.6mmの薄さである。

ケース同様にムーブメントの仕上げも、ペルラージュを施した地板、コート・ド・ジュネーブのモチーフで装飾し手作業で面取りしたブリッジ、スプリング類に求められる仕上げ、輪列の歯車の溝のポリッシュ仕上げとカナの艶出し仕上げといったジュネーブシールが規定する要件を満たしている。

2022年のヴァシュロン・コンスタンタンが掲げるテーマは「The Anatomy of Beauty」(美の構造)であり、これはブランドが細部の仕上げや構造まで心配りをする姿勢を称えているものである。透明なケースバックからはブランドを象徴するマルタ十字から着想を得た22Kゴールド製のオープンワークのローターも鑑賞することができる。

また本作はインターチェンジャブルストラップシステムが採用されており、サテン加工を施したナイトブルーやローズベージュのアリゲーターレザーストラップが付属し、工具を使わずにプッシュボタンを押すだけで簡単に交換することができるのも魅力的だ。


【関連記事】:N級品通販サイトankopi

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー