記事一覧

堅牢な3連リンクのブレスレットは、長さ調節も簡単に


いずれのモデルも、堅牢性に優れるオイスタースチール製のオイスターブレスレット。リンクの表面はサテン仕上げ、サイドはポリッシュ仕上げの3列リンクを採用している。また、「オイスター パーペチュアル」では初めて、長さを約5mm延長することができる「イージーリンク」と呼ばれるエクステンションリンクを備えた。

圧倒的精度を誇る最新キャリバー搭載
時計の心臓部は、ロレックスが完全自社開発・製造し、2020年に発表したムーブメント、キャリバー 3230または2232。精度、パワーリザーブ、耐衝撃性と耐磁性、利便性と信頼性におけるすべてに置いて進化したこのキャリバーには、高い効率性を実現するパーペチュアルローターが搭載された自動巻機構を備えている。

これらのモデルは、すべてのロレックスウォッチと同様に高精度クロノメーター(Superlative Chronometer)認定。この独自の称号は、ロレックス独自の基準に基づいて自社内で行われる一連の検査を通過したことを証明している。公認クロノメーターの基準値の2倍以上である-2~+2秒以内の平均日差に調整されている。