記事一覧

ウブロ クラシック・フュージョン 誰もがウブロを誤解していることをこの時計が証明した

38mmのクラシック・フュージョンが、物議を醸すブランドに対する、そしてコレクションに対する私の見方を変えたのだ。

2004年にウブロのCEOに就任したジャン-クロード・ビバー氏は、その熱意と飽くなき挑戦心でこの会社の経営を引き継いだ。そして、その年に発表されたビッグ・バンは、まさに衝撃的な出来事となった。宇宙創世を文字通りに表現すること以上に大きなことがあるのだろうか?

ビッグ・バンは、まるでスペースシャトルのようにウブロの名を世に知らしめた。特にヒップホップやスポーツシーンで、ウブロは憧れのような存在となった。しかし、経済的な成功やポップカルチャーでの知名度にもかかわらず、時計愛好家たちはビッグ・バンやそのブランドを鼻であしらうようになった。45mmを超えるケースサイズやファンキーなデザインに対し、ウブロを酷評するのが当たり前のこととなり、セラミックケースや超モダンなスケルトン文字盤を嘲笑うのだ。4時半位置の日付窓を嫌うのと同様に、このことは決まり文句のようになった。

売上額TOP20ウブロ時計スーパーコピー クラシック・フュージョン クロノグラフ ベルルッティ スクリット キングゴールド 521.OX.0500.VR.BER17

REF:521.OX.0500.VR.BER17
ケース:キングゴールド
ケースサイズ:45mm
ムーブメント:HUB1143 自動巻 クロノグラフ
防水:5気圧(50m)
文字盤:ベルルッティベネチアレザー
ストラップ:ベルルッティベネチアレザー
限定本数:250本
付属品 内箱、外箱
今までシンプルな3針モデルに存在したベルルッティとのコラボレーションモデルがクロノグラフとなって再登場!!

誰もが同じものを愛用しなければならないという、画一的な世になりつつあったのだ。そのなかで、40mm以下の腕時計は、過去を思い起こさせる回顧デザインを代表するものだった。80年代のディスコのように、大きな時計は消えていった。しかし愛好家たちは、ビッグ・バンではなく、ビバーをまだ愛していたのだ。

だが、ウブロをこのように見ることは、全体像を見逃していることになる。ウブロが作る時計はビッグ・バンだけではない。確かに、この会社のタイムピースの多くは巨大なプロポーションを誇っている。しかし、ご存知だろうか、そうでないものもあるのだ。

実は私は、今年の初め、LVMH ウォッチウィークで一緒に過ごした42mmのクラシック・フュージョン クロノのことをよく思い出す。42mmというサイズは、私の手首に収まる限界の大きさだ。しかし、この時計は、ウブロがビバー以前の歴史を思い起こさせるようなシンプルな時計を作り続けていることを証明している。現代のコレクターたちは、この時計について語らないことにしているようだ。

クラシック・フュージョンシリーズには、さまざまなサイズのクロノグラフや3針モデルがあり、それぞれがラバーストラップを採用した最初のウブロモデル、クラシック・オリジナルへのオマージュを込めたモデルとなっている。

【関連記事】:今春のバッグはどれにする!?

コメント一覧