愛すべきアヒル倶楽部の人々シリーズ

ダック鈴木はトリが好きシリーズ・パート7

かわいいスズメを撮すとて・・の巻

 

スズメを飼っているダック鈴木。目の中に入れても痛くないほど、かわいいらしい。

その嫁より愛するスズメの写真が撮りたい。

競輪でアブク銭が入ったら、テダジカメ買って、スズメを撮すんだ・・・。

って、競輪に行くが、敗北続き・・・。

しかし、とうとう、アブク銭が手に入ったらしい。

どーせ、もっと増やしてから、一眼デジカメを買って・・・・とか言いだして、結局、一宮競輪に行って、スッテンテンになっちまうんだろうなぁ〜。っていうのが他の部員の大方の意見だった。

が・・・

ダック鈴木、そのアブク銭を握りしめて、ヤマダデンキへ行き、パナソニックのなんとかというデジカメを買った。

うっそー・・・。信じられん・・・ と各部員のコメント。

 

しばらくして、ダック鈴木が、事務局にやってきたので、

「おめー、スズメの写真は撮したのか?」

と事務局長がたずねると、なぜかうつむいている・・・。

「なーんだ、やっぱり、デジカメ買っていないのか?それとも、もう質屋に入れたのか?」

というと、

「ちがう、ちゃんと買ったがや」

「なら、見せてみろ」

「あのよー、デジカメ見せると、スズメがパニックになって、逃げてしまって撮せない」

と申すのであった。

どうやら、スズメを手に載せて、撮そうと、デジカメの電源を入れる。

すると、レンズが、ウイーンと出てくる。

スズメがビックリして、パニックになって逃げ回るらしい。

デジカメのレンズを、猛禽類の目と思うのでしょうかねぇ。ハトやカラス防止の為に、大きな目の玉の風船を取り付けたりするけど、小さい鳥にとっては、大きなデジカメのレンズは、猛禽類のソレに見えて、本能的に、危険と判断。逃げ回る・・・・という図式かな?

ちなみに携帯のカメラなら問題なく撮せるそうで、何のためにデジカメ買ったのか、わからなくなってきたいるらしい・・・。

「それなら、ズームにして遠くから撮せばいいんでないの?」とウッピーや坪さんが言うが、「手に乗っているのを撮したいがやー」と怒るのであった。

で、結局、デジカメでは何も撮せないらしく、今では、テーブルの上に、ころがっているらしい。