リバーカイドのベリベタ(脱着式ソール)ウェーディングシューズ使用レポート

 

 リバーカイドのベリベタシューズを購入。以前から欲しいと思っていた。それまで使っていたのは、一世を風靡した、アルティメイト。こいつは丈夫。なんといっても履いている感じがスキーブーツを履いているような感じだモンね。それにアメリカサイズだから、幅がないのよ。幅があるのにすると今度は長くなっちゃって、アメリカの足とは違うんです。あたしゃ、幅広の甲が厚いタイプの足だから、アルティメイトには申し訳ないけど、買った当初から、違和感があった。無理矢理履いている感じがあった。でも、せっかく買ったんだから、履き潰して新しいのを買おう。と思ったけど、なかなか丈夫で長持ち。まだ履けるけど、とうとう我慢できなくなって、買ってしまいました。

 ソールの張り替えがベリペタだから非常に楽。鮎やる人はすでに常識らしいね。それにリバーガイドのシューズは日本人の足型に合わせて作られていて、あの違和感がないらしい。トレッキングシューズを製造している日本のシューズメーカーと共同開発らしい。ネオプレーンのソックスで、シューズを脱着するのは、結構大変なんだけど、開口部分が広く作ってあるのでスムーズ。らしい。らしいというのは、これらすべてはリバーガイドのシューズのうたい文句であるのよ。でも、すべてオラの希望するところ、いいところ突きますなぁ。

 来シーズンにウェーダー共々新調するつもりでいたけど、ふとしたことて゜、名古屋のラストホープに電話して、たずねてみると、在庫持っている。との事。シューズだけは、やはり現物見て、サイズ合わせて購入したい。それで、ヒマだったし行ってみる。履いてみて、サイズぴったし。25.26.27.28のサイズ指定で、足のサイズは普段25.5だから26で良いかと思ったけど、店長いわく 「幾分小さめだからお客様なら27でいいと思います」 それでウェーダーはいて足入れてみると、ピッタリ。迷わず購入。もう一つのウリであるゴムのソールも買う。イボがついているやつで、岩場や長い林道歩きにはこっちのほうがいいらしい。シューズ本体とフェルトソール、ゴムソールで25000円ちょっとだったかな。高いと言えば高いけど、自分としては満足している。

 肝心の使用感だけど、ソールはベリペタ部分があるので、若干だが、接地面より高いような気がするし、やっぱり1枚かんでいるような感じがするけど、すぐ慣れた。全然問題なし。作りも丁寧だし、岩に当たる部分には硬質ゴムが使われていて安心。足首のホールドだが、こういうソフトな履き心地のシューズは足首がゆるくって心配だけど、(その点でスキーブーツのようなアルティメイトは安心だった)全然問題なし。今まで使ったシューズのなかで最高だよ。(自分の中ではね)

 そしてゴムのソール。林道歩きや、岩場や川原の多い場所での使用で威力を発揮。という事だけど、やっぱり川の中のコケのついた石は、フェルトソールよりは若干劣るような気がするが、思っていたより滑らなかった。ただ、ゴム底の方が堅いからか、底石に足を乗せた場合、土踏まずしか乗っていないような感じがしたな。さすがに石の上のグリップはすごい。砂もつかないからフェルトソールで砂地を歩いたあと、石に乗ると滑るけど、そういったことはないと思う。林道歩きが長いと、やっぱりゴム底にしたほうが疲れにくい。トレッキングシューズだよ。

 ただ、ベリペタは強い。シューズを履いたまま剥がそうとしたけど、無理だった。一旦シューズを脱いで両手でもって剥がさないと、とても強い。よって、ゴムソールをベストの後ろポケットに入れておいて、現場によって張り替えるという作業はとても困難だと思った。釣りが終わって、これから林道を歩いて帰るというなら、張り替えてもいいな。

こういったところです。

 

 

さらにもうひとつおまけ。ダイワのゴアウェーダー・アルトモアについて

 

 ブッラッキーくんは物持ちです。ウェーターも水漏れ起こすと、すぐに新しいのを買う。修理しないのよ。それで事務局長は毎度、もらうんだけど、いままて゜、アングラーズハウスのゴア、MT−4のゴア、ザップのゴア、そして今回はダイワのゴア・アルトモアです。

こいつのウリは、なんといっても超極細繊維を、高圧に織り込んだ丈夫な生地。これによりゴアの弱点であるピンホールを少なくしようという事ですな。それはすごいですよ。で、ピンホールは全然開いていません。何がダメかというと、ネオプレーンのソックス部分です。ここが幾分弱い。接合部分が弱くって亀裂が入り、そこから水が進入する。それで、アルツくんは新しいのを買って、ダイワは事務局長の元へ。さっそく修理。ゴア部分のピンホールの修理よりいたって簡単。アクアシールで完璧です。これでもうかった。こいつは高いからなぁ。今回、修理のテストも兼ねて履いてみました。使用感は、「?」 やっぱり厚い生地が使われている分、他のゴアに比べて、ムレるような気がします。これならエントラントと変わらないんじゃない? エントラントの方が安いし。ゴアとエントラントを比べると透湿性はゴアがエントラントの5倍以上あるから、以前エントラントを真夏に履いたときは、ゴアに負けるなと思った。それに近いモノがある。最近のゴアはきピンホール対策に、丈夫な生地やら補強やらしてあるから、透湿性はエントラントとかわらないぞ。という話も聞いたけど、本当だった。事務局長はゴアウェーダーがこの世界に現れてすぐに購入した世代で、その頃のゴアは薄くって、水の冷たさがすぐに伝わった程。でも、その分、透湿性はピカイチで、(あたりまえか、薄いんだから)快適そのものだった。でも、ちょっとヤブこいだりするとすぐにピンホールだったけどね。

 で、今回の結論としては、厚い生地のゴアは丈夫だけど、透湿性はエントラントとそんなに変わらない。と言うことですが、どーでしょうか。