ビアスポのフライフイッシング用・レインジャケット

 

 レインジヤケットが欲しかった。持っていないわけじゃぁない。12年前に買った、フォックス・ファィヤーのゴアのレインジャケット。でも、フイッシング用ではなかった。いわゆるアウトドア用。買った当初から、フードの接合部分から水漏れがあって、(構造上の問題だとおもうが)襟が、濡れて気持ち悪かった。でも、それ以外は、蒸れず濡れず、ありがたかった。

 しかし、12年の歳月は、やっぱり劣化をともない、昨年、誤って家の者に、グルグルと洗濯機でやられて、クタクタになり、とうとう隠居することになってしまった。

 新しく、買うにあたり、まず当然、透湿性であること。ゴアが一番だが、値段がちっょと高い。お金無いから、エントラントとかでもいい。次に、毎回使うわけでないから、コンパクトなのがいい。特に、降りそうだから持っていこう。とかいう時に邪魔にならないのがいい。その2点。

 あちこち、ネットで捜していたら、ビアスポなるアウトドアー衣料メーカーの商品の中に、フライフイッシング用のショート丈のレインジヤケットがあった。9800円(レポ作成時、現在は値上がりしているかもしれん)。1万円切っている。

 まー、13000円位から、透湿性素材のレインジャケットはあるみたいだから、特別、安い。というわけではないが、袖口もネオプレーンだし、脇にジッパーも付いているし、なんといっても、コンパクトに出来る。グルグルと巻き込んで、フードの部分に入れて、フードに付いている、マジックテープで止めると、でかいクロワッサンのようになる。専用の収納小袋でじゃない所がいいね。あれは出して、それから着て、小袋をベストに入れて、と面倒だ。ここまで、コンパクトになるのは、2レイヤーの生地だから。薄いナイロンの生地にウレタン系の透湿性塗料を塗ってあるだけ。ペラペラ。しかしこのペラペラが逆にコンパクトになっているだよ。ウエーダーと違って、水中にあるわけじゃないから特に水さえ漏れなけりゃ、薄方が、透湿性も高いってもんでしょう。

 で、使用してみた感想は、特に問題はなかったです。薄い生地の為か、ちょっと表面の撥水性は、若干低いかな?と思ったけど、中に水が入らなければ、問題はないです。両サイドのジッパーからベストを探るのはちょっと苦労がいるが、誰に聞いても、どこのメーカーのでも、同じ様な事を言う。つまり、ジッパーから物を取り出すのには、しょせん不自由なのよ。はじめから、雨の中で釣りをするなら、ゴアのベストを上から着た方が、便利だね。よく使うフロータントなんかは、ジッパーのすぐ近くのポケットに移動させておくか、レインジヤケットに鰐口で吊しておいた方がいいね。まー、急に雨が降り出した用のジャケットだから、これでいいや。

僕は、一番デカイサイズを選びました。Lでいいと思ったけど、フライマンはベスト膨らむからLLがいいよ。

 

ビアスポのHPはこちらです。